秋元正博の引退の理由は葛西紀明が原因だった!天才同士の絆とは?

こんにちは!ティーヤです!

2014年に開催されたソチオリンピックで銀メダルを獲得した葛西紀明さん。

そんな葛西紀明さんが、最も影響を受けた人物をご存知ですか?

12月16日に放送された「消えた天才」の中で、葛西紀明さんは1人の天才ジャンパーの名前を出しました。

何でも、小学、中学生くらいまで、その人物の写真を常に持ってたそうです。

その人物の名前が、秋元正博さん!飛ぶときのフォームがまるで白鳥を連想させる独特なもので、誰も真似できないと言われています。

スキージャンプに詳しい方なら、知っている方も多いかもしれませんね。

しかし、秋元正博さんは絶頂期に突然姿を現さなくなるのです。

その理由とは一体何だったのか?

今回は秋元正博さんについて、紹介したいと思います!

スポンサーリンク

秋元正博さんの引退の理由は葛西紀明が原因だった!天才同士の絆とは?

秋元正博さんは1988年-1989年シーズンをもって、スキージャンプ界を引退します。

その後、入れ替わるように葛西紀明さんが活躍していくわけですが、秋元正博さんが引退した理由というのが、葛西紀明さんにあるというのです。

それは、葛西紀明さんのジャンプを見た秋元正博さんは「葛西紀明には勝てない」と確信したからです。

秋元正博さんは葛西紀明さんが14歳の時に、たまたまスキージャンプをしている光景を目にします。

その時思わず、当時少年だった葛西紀明さんの名前を聞いたそうですから、どれだけ凄いジャンプをしていたのかが分かりますよね?

かつては、秋元正博さんもオリンピックでメダルをとるくらい実力があったわけで、ジャンプ界の天才と称されていたわけですから。

お笑い界で例えるなら、島田紳助さんがダウンタウンの松本人志さんの出現により、松本人志さんには勝てないと察した感じに似ている気がします。

葛西紀明さんも秋元正博さんに影響を受けたことで、ジャンプで活躍していったわけですので、お互いがリスペクトしあっている関係なわけですね!

ライバル関係に近いものがありますが、2人がジャンプで競ったことはないと思われるので、いい意味で2人には現役で競ってほしかったですよね。

スポンサーリンク

秋元正博さんは過去に人身事故でジャンプ界から追放されていた?

秋元正博さんが引退したのは32歳の時でした。

直接的な引退の理由は先程述べた通りですが、実はそれ以前にジャンプ選手として、活動できなくなるくらいのことが起こってしまうのです。

それは・・・練習帰りに70代の方を車で跳ねてしまうという人身事故でした。

この事故により、1年間試合出場停止処分と下され、しばらくの間表舞台から姿を消すことになりました。

出場停止処分及びそれ以降は、工場で働いていたそうなのですが、ある日突然スキー関係者が職場を訪れ、ある一通の手紙を渡します。

その手紙の内容とは、事故の被害にあった遺族の方からのもので、スキージャンプを続けてほしいというものでした。

それ以外にもスキージャンプ界に復帰してほしいという署名の数々が目の前に・・・。

ジャンプができる喜びと復帰しても良いのか?という葛藤があったそうですが、2年半ぶりにスキージャンプの舞台に復帰したのです。

その大会では、当時最強と言われていたニッカネンを抑えて優勝したのです。

もちろんブランクもあったと思いますが、この大会では天候が秋元正博さんにとって優位になったおかげもあり、見事優勝を手にしたのです。

人生何が起こるか分かりません。突然生活が180度変わってしまうことだってあります。

ですので、今の時間を悔いなく精いっぱい生きることが大事ですね。

まとめ

今回は、かつてスキージャンプ界の天才呼ばれ、葛西紀明さんからも憧れられていた男!秋元正博さんについて紹介しました。

お互いを尊敬しあえる人間関係を築けると人は成長しますよね!

最後まで読んで頂き、ありがとうございました!

是非、他の記事も読んでみてくださいね!

スポンサーリンク