バンドー太郎が解雇されない理由は吉本(事務所)じゃないから?建築会社社長が闇営業をバラした黒幕!?

昨今、吉本興業やワタナベエンターテインメント所属の芸人による「闇営業」が話題となっています。

最初に発覚したのが、お笑いコンビ「カラテカ」の入江慎也さんが仲介したとされた闇営業。

この闇営業には、人気芸人の宮迫博之さんや田村亮さんなどが絡んでおり、謹慎処分とする事態にまで発展しました。

そして、仲介した入江慎也さんは、吉本興業を解雇されています。

そしてさらに、お笑いコンビ「スリムクラブ」と「2700」の闇営業も発覚し、同じく謹慎処分となりました。

入江慎也さんが仲介した件とは、別の闇営業であり、この時に2組を仲介したとされているのが、ものまねタレントのバンドー太郎さんであることが分かっています。

バンドー太郎さんは、今回の闇営業仲介について謝罪をしたわけですが、解雇されたという報道はありませんでした。

それはなぜでしょう?そもそも、所属事務所はどこなのでしょうか?

今回の記事では、バンドー太郎さんが解雇されない理由は吉本所属じゃないからなのか?さらに知人と思われる建築会社社長が闇営業の黒幕なのか?この辺りを調査してみたいと思います。

バンドー太郎さんが解雇されない理由は吉本(事務所)じゃないから?建築会社社長が闇営業をバラした黒幕!?

バンドー太郎さんが闇営業の仲介を謝罪!

まずは「スリムクラブ」と「2700」を仲介したとして謝罪した際の報道を見てみましょう↓

ものまねタレントのバンドー太郎(48)が30日、都内で会見を開き、吉本興業所属のスリムクラブと2700に対し、反社会的勢力の会合に事務所を通さない“闇営業(直営業)”を仲介したことを謝罪した。2組とは直接交渉し、「事務所を通さない」「10万円のギャラ」で交渉成立していたことも明かした。

黒いスーツ姿のバンドーは、事前に用意した書面(手紙)を読み上げる形で、「今回は最初から知っていたわけではなかったのですが、結果的にこのようなことになってしまい、2700、スリムクラブ、ご家族の方々、関係者の皆様には大変ご迷惑をおかけしてしまい申し訳ございませんでした」と謝罪した。

経緯としては、「何年か前に」知り合ったという「建築会社社長」に、「実の兄の誕生パーティーがある」ので、自身以外に「有名な方」を呼んで「盛り上げていただけないか」と依頼され、以前に知り合っていたスリムら2組に連絡をしたという。

この際、2組とギャラについてのやり取りもあったことを認め、「その時のギャラが30万でしたので、『事務所を通さないで大丈夫か』と。(それぞれ)『10万のギャラで大丈夫か』ということを確認したところ、『はい』という返事でしたので、来ていただきました」と明かした。

ただ、相手方の職業については「飲食店経営のオーナー」と聞かされていたとし、「報道を見て、(相手が)反社会的勢力の方だったんだと気付いた」と主張。「2700、スリムクラブの方々が知らなかったというのは事実です」と説明した。身なりなどでも「一般の方と変わらない普通の身なりでしたので、全く気付くことができませんでした」とした。

それらの上で、「事務所を通さないで2組に話を振ってしまったこと。相手を信用してしまって安易に仕事を受けてしまったこと」の2点について重ねて謝罪した。

スリムクラブらは2016年、バンドーの仲介で指定暴力団稲川会幹部の誕生会に参加。今月27日に吉本興業から無期限謹慎処分を受けた。

この報道では分かることは、

  • バンドー太郎さんは「スリムクラブ」と「2700」の芸人たちと知り合いであること
  • 建築会社社長と何らかの形で知り合ったこと
  • 闇営業の誕生パーティーは建築会社社長の兄と聞かされていたこと
  • バンドー太郎さんを始め「スリムクラブ」と「2700」の芸人たちは相手の素性を知らなかったこと

などであり、この報道だけを見ていると、今回の芸人たちは何者かによって嵌められた可能性がありますね。

そしてこの報道で分からないことは、

  • バンドー太郎さんが解雇されないのはなぜなのか?
  • そもそも所属事務所は吉本興業ではないのか?
  • 建設会社社長との関わりが闇営業に繋がった点から黒幕(バラした人物)はこの社長なのか?

これらが分かっていないことであり、気になるところですね。

では、これらの疑問について調査してみましょう。

謝罪会見が気になる人は、時間がある時に以下の動画をチェックしてみてくださいね↓

バンドー太郎さんの謝罪会見

バンドー太郎さんが解雇されない理由は吉本の芸人じゃないから?

入江慎也さんの闇営業発覚時には、即刻解雇が言い渡されていました。

バンドー太郎さんが吉本所属の芸人であれば、同じことをしているわけですので、解雇にならないのはおかしいと思いますよね?

ということは、バンドー太郎さんは吉本所属の芸人ではないと推測できます。

じゃあ事務所はどこなの?って思ったので、調べてみたところ、

「株式会社ヘリカルプロモーション」

という事務所に所属していることが分かりました。

この事務所がどういった活動をしているのかは、公式ツイッターで確認してみてくださいね↓

株式会社ヘリカルプロモーションのツイッターアカウント

ですので今のところ、解雇や謹慎といった処分にはなっていないというわけですね。

「スリムクラブ」と「2700」との繋がりは、仕事で知り合ったとのことでしたので、無名ながらも、仕事はそれなりにあるのが分かりますね。

建築会社社長が闇営業をバラした黒幕!?

では、今回の闇営業はどのような経緯で発覚したのでしょうか?

吉本興業では、入江慎也さんの闇営業発覚後に、他に該当する人間がいなかったか?調査していてもおかしくないので、本人たちが暴露した可能性は十分に考えられます。

しかし、もう一つの可能性として考えられるのが、建築会社社長のタレコミ。

そもそも、事の発端は建築会社社長がバンドー太郎さんに依頼したことから始まっています。

ということは、建築会社社長がお金になると睨んで、週刊誌にリークした可能性もあります。

まぁ建築会社社長というのも偽りでしょうね。

バンドー太郎さんと建築会社社長が知り合った経緯については、情報がないので分かりませんでしたが、建設に関することで知り合ったのかなぁ?って気がしました。

周りの知り合いから繋がったとも思いますが、そうなった場合はその知り合いもヤバイということになりそうです。

この流れについては、現時点で詳細が薄いので、何か新たな情報が入りましたら追記します。

バンドー太郎さんの謝罪に世間の反応は?

仲間の声仲間の声

「今回は最初から知っていたワケではなかったのですが、、、」
最初から知ってた仲介もあるって自白してるようなものだろう。

村人の声村人の声

自分だけで済むのならいいけど、結局他人も巻き込んでいるからなあ。
他人に仕事を回す以上バンドー太郎さんにの責任は大きくなるわけだし、そこの認識が甘すぎたね。
ただ、擁護になるかもしれないけど仕事をくれる相手に反社勢力の知人は居ますか・・・とは聞きにくいよね。個人でやると特に。

村人の声村人の声

反社と知ってて仕事をあっせんしたこともあるし
問題にならなかったら大したことではない。
と言ってるようなもんだな。

モンスターの声モンスターの声

あんたの罪は大きいよ。
紹介した家族から恨まれます。

モンスターの声モンスターの声

入江も早期に会見した方がいいと思う。

モンスターの声モンスターの声

反社会勢力がいる会場での、芸人の営業行為が問題になっているようですが。
ヤクザが経営している大手のタレント事務所については、テレビ局は黙認で、問題にしないのが不思議です。
コンプライアンスとやらを本気で守るなら、ヤクザが経営するタレント事務所のタレントは一切使わない、という宣言の方が重要でしょう。
芸人の直営業先がたまたま反社会勢力だった、とかいうことより、ヤクザが経営するタレント事務所が当たり前のように勢力を誇っていることの方が根深い問題なのではないでしょうか。

モンスターの声モンスターの声

詐欺グループ、893、暴力団に直営業を行う事がNGならタレント事務所がそうすべきであって、直の営業をしなければ生活がままならいようなタレントは雇用するべきではない。
宮迫やロンブー亮はともかく、それ以外の後輩芸人は裁かれる必要があるのだろうか。
所属タレントを謹慎または解雇する事は経営者が保身で尻尾切りしていふように見えて仕方ない。

ボスの声ボスの声

まぁ需要と供給が、マッチしてませんからね
今の人たちはお笑いブームを見て育った人も多いでしょう
これからお笑い芸人目指す人たちも少なくなるだろうし、やめる芸人も増えていくでしょうね

知らなかったとはいえ、実際に発覚し謹慎といった処分になっている芸人がいるわけですから、闇営業をした芸人たちもちろん悪いですが、バンドー太郎さんにも非がないとは言えません。

ですが、こうして公の場に出て謝罪するといった姿勢は評価できると思います。

謝罪会見の内容には賛否両論あると思いますが、個人的には記者会見してよかったんじゃないかな?と思いました。

まとめ

芸人による闇営業問題。

これが氷山の一角なのかは分かりませんが、人気芸人がしてしまうくらいですから、他にも経験がある芸人さんはいるのかもしれませんね…。

きっと本人たちは、事務所を通さないことを悪いことだとは思っていなかったのでしょう。

でなければ、こんな危ない橋は渡らないと思いますので…。

ただただ、吉本所属の他の芸人さんたちのイメージが下がらないかが気にかかるところです。

最後までお読み頂き、ありがとうございます。是非、他の記事も読んでみてくださいね♪