ブルーラインの再開(復旧)はいつ?脱線事故の原因は何?速度超過(オーバーラン)か置石?

またも、横浜で交通機関(電車関係)で事故が発生し、6日午前の段階でまだ運転が再開されていないようです。

横浜市と言えば、記憶に新しいのが、シーサイドラインの逆走事故。

この事故は自動運転であり、かつこれまで事故が無かっただけに、世間に恐怖を与えました。

今回発生した電車の事故は、横浜市営地下鉄の「ブルーライン」です。

下飯田駅を出発し、100mほど走行したところで脱線したとのこと。

幸いにもケガ人はいなかったそうですが、下手すれば大きな事故になっていた可能性も十分に考えられます。

今回の記事では、ブルーラインの再開(復旧)と脱線事故の原因は何だったのか?この辺りを調査していきたいと思います。

ブルーラインの再開(復旧)はいつ?脱線の原因は何?台車の亀裂か速度超過?

ブルーラインの再開(復旧)はいつ?

まずは今回のブルーラインの脱線事故についての経緯を、報じられた内容で見てみましょう↓

6日朝、横浜市営地下鉄のブルーラインが脱線し、一時全線で運転を見合わせた。乗客にケガ人はいなかったが、午前8時現在も一部区間で運転再開のメドが立っていない。

横浜市交通局によると、6日午前5時23分頃、横浜市営地下鉄のブルーラインの湘南台駅発あざみ野行きの始発電車が、横浜市泉区にある下飯田駅を出て、100メートルほど走ったところで脱線したという。

当時、この始発電車には、乗客およそ130人と乗員1人が乗っていたが、ケガ人はおらず、乗客は徒歩で下飯田駅まで移動した。

この脱線の影響でブルーラインは一時全線で運転を見合わせていたが、午前6時40分に一部区間で運転を再開し、現在はあざみ野駅と踊場駅の間で折り返し運転を行っている。

運転を見合わせている湘南台駅から踊場駅の間については、運転再開のメドは立っていない。

脱線したのは6両編成のうち、先頭車両から4両目までで、現場では深夜に線路の保守点検作業が行われていたということで、横浜市が脱線の原因を調べている。

この報道で分かるのが、

  • 現時点でも再開されていない(午前10時時点)
  • ケガ人は幸いにもいない
  • 運休しているのは湘南台から踊場駅の間
  • 脱線したのは6両編成のうちの先頭4両目

事故が起きたのは下飯田駅から100m走行した辺りとのことですので、何が原因なのか?これが突き止められない限り、再開(復旧)は難しいのでしょうね。

過去に神奈川県で起きた脱線事故では、翌日には運転が再開されていました。

川崎市中原区の元住吉駅で発生した脱線事故の影響で一部区間で運転を見合わせていた東急東横線と目黒線は16日、始発から全線で運転を再開した。15日は両線合わせて1054本が運休、計約55万5300人に影響した。

事故は15日午前0時半ごろ発生。元住吉駅で約30メートルオーバーランして停車していた電車に、後続電車が追突した。県警によると、乗客計19人がけがを負った。

なので、今回のブルーラインについても7日には再開するのかな?って感じでしょうか。

再開時期については、分かり次第追記します。

脱線の原因は何?速度超過(オーバーラン)か置石?

では次に脱線の原因として考えられるのは何なのか?まだ正式な発表が出ていないので、過去に事例をもとに調査してみましょう。

過去の脱線事故を調べてみたところ、原因として多いのが速度超過によるものでした。先程の神奈川県の脱線事故の他に、

  • JR福知山線脱線事故
  • JR羽越本線脱線事故

なども速度超過が原因での脱線事故でした。

ブルーラインにおいても過去に速度超過になったことが多々あったようです。

今回のブルーラインの脱線事故が速度超過によるものであれば、原因がハッキリしているので、再開も早いと思われますが、原因が別にあるとすれば、まず突き止めることに時間がかかると思うので、その分再開も遅れることになるでしょうね。

先日のシーサイドラインの事故が記憶に新しいところなので、乗客が安心して乗れる環境が整っれから再開してほしいですね。

追記

新たな報道によると、事故の原因は「可動式横取り装置」が放置されたことによるものだと判明しました。

5日夜、工事用車両を移動させるため分岐部分にかぶせた金属製の「可動式横取り装置」がそのまま放置され、乗り上げたとみられる。

初歩的なミスと言うのでしょうか…。まぁ仕方ないか…では済まされない話ですよね。

さらに再開(復旧)については、9日を目指しているとの報道がありました。

ブルーライン脱線事故に世間の反応は?

仲間の声仲間の声

横浜の皆さん公共交通では不安続きですね。

仲間の声仲間の声

とりあえず、怪我がなくて良かった…

村人の声村人の声

横浜市の公共交通機関は大丈夫?
人手不足なのかな?
昔読んだ小説で、働き盛りの人が戦争に駆り出されて都市のインフラを維持することが難しくなり混乱が生じたというくだりがあった。
日本は戦争しているわけではないが少子化はかなり進んでいるので、近い将来インフラの維持が難しくなるのかも。
AIが進化しても作業するのは人間だからなぁ。

村人の声村人の声

横浜市内の鉄道で事故が相次いで起きている。今回の事故は始発電車という事で乗客が少なかったけど、これがもう1時間遅かったらちょうど朝のラッシュ時間に重なりもっと影響が大きかったと思います。それでも、影響のない区間(あざみ野〜踊場間)での早期な運転再開は利用者にとっては有り難い。遅れは出ても沿線の駅に通勤・通学している人たちはやはり使い慣れている路線での移動が便利! 踊場〜湘南台間の復旧の目途は経っていないとの事なので、並行している相鉄線は激混みだと思います。早い段階での復旧を望みます。

モンスターの声モンスターの声

けが人がいなかったのが幸いだが、人員削減と少子化で現場の人手が足りてないのでは?
今後初歩的ミスによる重大事故が多発する恐れがある。

モンスターの声モンスターの声

既存のレールの上に臨時のレールを置いて忘れたのが原因だ。という報道がNHKからされているので原因はほぼそれで確定とみて良さそうですね。工事のかたも大変だとは思いますけど、安全第一でお願いします。

モンスターの声モンスターの声

現場では深夜に線路の保守点検作業が行われていたという
点検後に起きたなら、それが原因の可能性高いじゃん……。
横浜市交通局は、少し国土交通省から叱責を受けた方がいい。
脱線事故と言うのは、鉄道では一番あってはならない事。
たとえ、乗客に怪我がなかったとはいえ、1歩間違えれば、大惨事になっていたと理解すべき。

ボスの声ボスの声

今回は保守点検が原因のようなので乗客の少ない始発で起きた事故だったが、ピーク時なら死者が出ていた可能性もあるのではないだろうか?
何れにせよ、大事に至らなくて良かった。

コメントには保守点検が原因ではないか?という意見が多数ありました。

では保守点検とはなんぞや?ってことで、一応紹介しておきます↓

これらの作業は医療機器の安全性の確保、性能の維持、また信頼性の維持を目的とし、故障などの異常 が起きる確率を減少させ異常状態の早期把握、微細な故障の発見など、正常状態が維持される確率を高め ることを目的として計画的に一定期間ごとに摩耗や劣化の点検、可動部分の調整と確認、定期交換部品の 交換などを行う保守の方法である。

まとめ

横浜市では立て続けに交通機関で事故が発生しています。

これ以上、事故が起きると信用問題に関わってくると思うので、他の交通機関においても慎重に対策を施してほしいですね。

最後までお読み頂き、ありがとうございます。是非、他の記事も読んでみてくださいね♪