イチローが引退後に監督にならない理由!日本に帰国する可能性も低くアメリカで活動?

世界を代表する野球選手イチローさんの現役引退が発表され、日本はもちろんのこと、アメリカでも大きな話題を集めています。

日本で9年、アメリカで19年という長いようで短い野球人生に終止符を打ったイチローさん。

どうしても現役引退したあとの活動はどうするのか?という疑問が出てきますね。

今回の記事では、イチローさんは現役引退後にどういった活動をするのか?さらに日本への帰国の可能性はあるのか?について調査してみたいと思います。

イチローさんが現役引退を発表!

イチローさんが現役引退を発表したのは3月21日に行われた、アスレチックスとの開幕2戦目の終了後でした。

試合後はイチローさんが再びファンの前に出てきてくれて、グラウンドを回りファンに感謝をしていました。

その後、マリナーズが公式にイチローさんの引退を公表し、さらにその後イチローさんが引退会見を開いたという流れで、運命の1日が終わりました。

引退会見は約1時間強。試合後にも関わらず終始記者陣を笑わせていました。

記者会見では、これまでのイチローさんの名言にも負けない名言の数々を聞くことができましたね。

イチローさんの引退会見はコチラ↓長い動画となっていますので、時間がある時に見てくださいね。

イチローさんの引退会見動画

個人的には、子供たちへのアドバイスを語っている場面や妻や愛犬のことを語っている場面が印象的でした。

このタイミングで引退を決断した理由とは?

3月21日に引退を決断するわけですが、このタイミングで決めた理由として、引退会見でイチローさんはマリナーズ以外に行く気がなかったとコメントしていました。

イチローさんの過去1年を振り返っておきますと…

2018年3月7日にマリナーズと1年契約を結び、3月29日に「9番・左翼手」として自身5年ぶりの開幕スタメン出場するのですが、その後15試合の出場で9安打、打率.205に留まってしまい、5月3日にマリナーズと「スペシャルアシスタントアドバイザー(会長付特別補佐)」の契約を結び、これ以降2018年は、選手として試合に出場していませんでした。

2019年1月24日にマリナーズとマイナー契約を結び3月20日にメジャー契約が発表されたのですが、その直後に引退を決断されたわけです。

さらに会見で、引退を考えたのはキャンプの終盤であったことも明かしていました。

18日のプレシーズンゲームまでで、24打席無安打と不調だったイチローさん。こういった最近の成績も引退を考えた理由の一つと言えるでしょうね。

イチローさんは引退後なにするの?監督にはならない理由とは?

さて、野球界のスーパースターイチローさんは引退後なにをするのか?これは、野球好きに限らず気になることではないでしょうか?

力量のある選手が現役引退となると、まず思いつくのが監督やコーチへの道ですよね?

長嶋茂雄さんを始め、多くの選手がそうしてきましたから、当然イチローさんに監督になってほしいと思っているファンも多いことでしょう。

しかし、引退会見でイチローさんは「人望が無いから監督は無理」とコメントしていました。

そもそもメジャーリーガーが、引退後に監督になるケース自体が無いような気もしますが…。

その一方で、この先はプロ野球選手ではないので、高校生以下の子供たちを指導することには興味があると言ってました。

なのでどんな形であっても、イチローさんは今後も野球に携わっていくことになるでしょう。

なぜなら、イチローさんは野球を愛しているから。

イチローさんは日本に帰国する可能性も低い?

イチローが引退後に監督にならない理由!日本に帰国する可能性も低くアメリカで活動?

現在イチローさんは妻の弓子さんと愛犬の一弓と暮らしています。

マリナーズと契約していたことを考えると、現在の自宅はシアトルにあるのかな?と思います。

イチローさんの現在の自宅を調べてみたのですが、過去に住んでいた豪邸が凄すぎるのか?2001年から2009年までに住んでいたシアトルの豪邸や、ヤンキース時代に住んでいた12億円といわれるマンハッタンのマンション、さらにマイアミ時代に住んでいたイルカが来るという豪邸の情報ばかりでした(-_-;)

また、イチローさんの豪邸は日本にもあります。1999年の時に結婚と同時に名古屋に14LDKの豪邸を建てています。

なので日本には、いつでも帰ってこれる状況であることは間違いありません。

しかしイチローさんは、日本でプロ野球選手の道は考えなかったと語っていましたから、この先も住み慣れたアメリカに留まる可能性が高く、日本に帰国することは無いのかな?って思いました。

同じくメジャーリーグで活躍されていた松井秀喜さんも、引退してからも帰国することはなく、現在もニューヨークで生活をしています。

松井秀喜さんには子供が二人いますし、子供の事も考え、住み慣れなた土地にいると思われますね。

松井秀喜さんの場合は2015年の時点で、ヤンキースGM特別アドバイザーとして活動していました。引退当時はイチローさんと同様に監督としての道は考えていませんでした。

イチローさんほどスーパースターであれば、いくらでも仕事のオファーはくると思いますし、アメリカで指導者として活動していくことも大いに考えられます。

イチローさんの引退に世間の反応は?

仲間の声仲間の声

その一つ、一つが最後までイチローだった。
一度は一線から離れたけれど、もう一度メジャーまで這い上がってきた。
今日の試合での結果は、もちろん最盛期とは程遠いパフォーマンスだったけれども、最後まで彼らしい振る舞いだった。
彼が辿ってきた1万4842打席は、途轍もなく長い道のりだったであろうが、三振、凡打、四球、その一打席、一打席があったからこそ今日まで積み上げた通算4367本の安打がある。
私にも積み重ねた毎日があり、今日がある。
もちろん、自分にも三振もあればヒットもあった。
到底イチローには及ばないけれど、また、明日、自分も、一本のヒットを打つための努力は続けていかなければならないと思っている。
その大切さを、教えてくれた世界のICHIROに、深く、感謝する。
今までありがとう。
そして、おつかれさまでした。

仲間の声仲間の声

振ればヒットのイチローが、1本のヒットにここまで苦しんで最後まで打てなかったままの引退が逆に納得できて良かったと思う。最後の最後まで頑張るイチローを見て子供たちは何かを感じこれから野球に臨めると思う。道具を大事にしレギュラーじゃなくても準備を怠らないプレー以外のイチローを見習って欲しい。

モンスターの声モンスターの声

打ってほしいと思う反面、打ってしまうとまだ出来ると思ってしまうから良い引き際なんだと思う

モンスターの声モンスターの声

現地観戦してました
打席に立てば大歓声、守備位置に着くだけでも大歓声、試合中にイチローの引退が発表されたので打席を重ねる毎に歓声が大きくなっていました。
最後に交代を告げられて、ベンチに戻るまでの間ひたすら拍手を送りました。
本当にお疲れ様でした。感動をありがとう。

モンスターの声モンスターの声

引き際、スパッと決めたね。
カッコいい。
このまま今シーズンをプレーしても、1割台とかになってしまうのでは…と悪いですが心配でした。
輝いた成績のままのイチローで終わって欲しかったから。
無数のヒットを打ってきたイチローが、一本のヒットが出ずに苦しみ、引退とはなんか感慨深い。
たくさんの夢と感動をありがとう!!

モンスターの声モンスターの声

本人の力と家族の支えがあってこその野球人生。
本当にお疲れさまでした。

モンスターの声モンスターの声

日本人としてイチローの活躍と過ごせた時代は幸せだったね。夢のような数字が私達を民族を超え元気付けた。お疲れ様でした。イチローらしい将来を作り上げてください。

引退を惜しいと言う意見はなく、やはり「お疲れ様でした」という意見が多く見受けられました。

まとめ

日本でもアメリカでも、イチローさんの名は永遠に薄れゆくことはないでしょう。

そしてイチローさんの名言には、本当に救われることが多いです。

まだ、イチローさんの引退会見を見ていない、あるいは今何かに悩んでいると言う方は、一度イチローさんの引退会見を見た方が良いです。こっちまで気持ちが穏やかになってきます(^○^)

最後までお読み頂き、ありがとうございます。是非、他の記事も読んでみてくださいね♪