井川真一(姜真一)逮捕は時間の問題!顔画像と防犯カメラ画像公開で犯行動機は金銭トラブルが濃厚?

3月11日の深夜に大阪ミナミのバー「ファイブ」で発砲事件が発生しました。

発砲した犯人は韓国籍の男、井川真一(姜真一)であることが、11日末日までに明らかになっています。

しかし、井川真一容疑者は現在(12日時点)はまだ逮捕されていません。

今回の記事では、一刻も早く犯人が逮捕されることを願い、画像や防犯カメラの画像さらに犯行動機は何だったのか?調査してみたいと思います。

スポンサーリンク

大阪ミナミのバー発砲事件の犯人!井川真一(姜真一)の逮捕は時間の問題!

現在も逃走中の犯人、井川真一容疑者。事件が発生したのは11日の午前0時40分頃のことでした。

未だに井川真一容疑者が逮捕されていないことで、周囲に住む住人の方は不安な思いに襲われていることでしょう。

一刻も早く犯人が逮捕されてほしいと思う中で、遂に南署が井川真一容疑者を全国に指名手配したのです。

拳銃を放つような凶悪犯ですので、まぁ当然の流れですね。

ついでに、指名手配される条件が何なのか?気になったので調べてみました。

指名手配が行われるのは、逮捕状 の発せられている被疑者が逃亡により行方がわからない場合です。また、被疑者が住所不定(身元が不明)であったり外国人であったりというケースでも指名手配は行われています。

つまり、逮捕状を取ったものの被疑者がどこにいるのか分からない場合に指名手配が行われる傾向にあるといえるでしょう。そのため、犯罪の嫌疑をかけられており、逮捕状が発布されているという場合に逃走すれば、誰でも指名手配されて全国的に氏名、顔写真等の情報が公開されてしまう可能性があるということです。

今回の事件を見ると、事件発生から当日以内に指名手配されている点から考えて、指名手配されるまでの期間は、早くて事件当日ということになりますね。

さらに、指名手配された時の検挙率はというと、刑法犯で31,7%というデータがあるようです。

全体の3割って、意外と低いもんなんだなぁと思いつつ、前回の広島市で発生した事件でも、犯人を指名手配後、逮捕していますので今回の事件も有力な情報提供がカギとなることでしょうね。

スポンサーリンク

犯人の井川真一(姜真一)の顔画像や防犯カメラ画像!

続いては、井川真一(姜真一)容疑者が指名手配されている顔画像や逃走の際に写った防犯カメラの画像を見てみましょう。

まず顔画像がコチラ↓

井川真一(姜真一)逮捕は時間の問題!顔画像と防犯カメラ画像公開で犯行動機は金銭トラブルが濃厚?

次に逃走時の防犯カメラ画像

井川真一(姜真一)逮捕は時間の問題!顔画像と防犯カメラ画像公開で犯行動機は金銭トラブルが濃厚?

画像を見る限り、どこにでもいそうな男性ですよね(-_-;)

これといって特徴的な部分もありませんので、髪型や目、輪郭などで見分けるしかなさそうです。

そのほかの情報としては、

  • 年齢→34歳
  • 国籍→韓国(韓国籍名は姜真一)
  • 身長→160cm前後

といった情報が、現段階で判明している詳細です。

身長が男性にしては低めですので、結構有力かなと思います。

逃走時に着用していた服装はグレーの洋服ですが、服装については簡単に変えることができるので、参考にしない方がいいと思われます。

犯人の井川真一(姜真一)が事件を起こした犯行動機は何?金銭トラブル?

まず、事件が起きたのは大阪市にあるバー「ファイブ」であることが分かっています。新たな情報では会員制インターネットカジノ店であることも判明しています。

ネットカジノってなんぞや?ってことなんですが、ネットカジノというのはその名の通り、オンライン上でカジノができるサイトのようです。

ネットカジノって?と思っている方も多いと思うので、シンプルに解説するならば、ネットカジノの意味するものは、パソコンやスマホを使ってオンライン上でマカオでするカジノのようにリアルなギャンブルが行えるカジノを取り扱うサイトのことです。ギャンブルというと男性がやっているイメージが先行してしまいますが、最近では多くの女性がネットカジノに参加しています。インターネットにさえ接続できれば、いつどこでもプレーすることができます。最近ではスマホ対応しているネットカジノサイトも増えてきていて、ますます遊びやすくなってきました。

かので、これまでの情報から「ファイブ」というお店は

  • 会員制
  • バー
  • インターネットカジノ

のお店ということになります。

ネットカジノというと過去に日本ではプレイヤーが「単純賭博法違反」で逮捕された事例もあるので、もしかしたら良いイメージを持っていない方もいるかもしれません。

お店には外の様子が確認できるモニター室があるので、セキュリティ完備は良好なのかな?って思いましたが、今回の事件ではお店の鍵を井川真一容疑者が開けて侵入しているのが分かっています。

井川真一容疑者が、鍵を開けて入店していることから「ファイブ」の会員である可能性が高く、被害にあってしまった従業員の男性や男性客とも顔見知りなのではないかと推測できます。

では、井川真一容疑者はどうやってお店の鍵を開けたのでしょうか?考えられるのは

  • 店の鍵を所有していた
  • ピッキングの手法を熟知している
  • 鍵がかかっていなかった

あたりが思いつきます。

仮にお店の鍵を所有していたとなると、お店と深い繋がりを持っているのではないかと思われますね。

次に今回、井川真一容疑者はなぜ事件を起こしたのか?ってことなんですが、明確な犯行動機は犯人が逮捕されていないので分かっていませんが、ネットカジノのお店という点から考慮すると…

金銭トラブル

が犯行動機に深く関わっているのではないか?と推測できます。

ネットカジノでよく起こるトラブルについては以下のサイトで詳しく紹介されていますが、

オンラインカジノで起こりうるトラブルについて【事例を紹介】

コチラのサイトの情報では

  • 入出金に対するトラブル
  • ボーナスに対するトラブル
  • 通信回線に対するトラブル

が、ネットカジノでよくあるカジノだと紹介されています。

特に多いのが「入出金に対するトラブル」のようですので、今回の事件も金銭のトラブルである可能性が高いのかな?って思いました。

スポンサーリンク

井川真一(姜真一)容疑者の指名手配に世間の反応は?

仲間の声仲間の声

日本で悪いことしないで欲しいです。

モンスターの声モンスターの声

インカジ。東京では西池袋に5店舗、歌舞伎は12ぐらいある。完全に違法です。客単価10万は軽く行ってる。

モンスターの声モンスターの声

違法賭博だから撃たれて可哀想ってならない。
男性客は回復に向かって何よりだけど、回復してからしっかり取り調べられて下さい。

モンスターの声モンスターの声

朝日はやはり通名の井川と報道

モンスターの声モンスターの声

人を見た目で判断したくないけど、
「いかにも」だね、

モンスターの声モンスターの声

やっぱ向こうの奴の仕業か。
自分の国でやってほしいしミナミは中韓国人増えて治安がこれまで以上に悪くなった。

モンスターの声モンスターの声

欧州系日本人ですがこの写真の方は日本人ではない事見たらだいたいわかります。環境で私の能力も進化しました。

モンスターの声モンスターの声

隠れカジノに襲撃にって、アウトレイジかよ。

モンスターの声モンスターの声

拳銃所持したままなら本当は警察庁の「特別手配」でも良いぐらいですね??

事件発生当初、報道ではバー「ファイブ」となっていましたが、新たにネットカジノのお店と判明したことから、世間の事件に対する見方も変わってきたと言えます。

前回の記事でバー「ファイブ」を調査したところ、全く情報がないあたりから考えて、怪しいかなって思っていましたが、もしかしたら違法なお店だったのかもしれませんね…。

まとめ

大阪ミナミにあるネットカジノで起きた発砲事件。

男性客は意識が回復したとのことですが、従業員の男性は未だに意識回復していません。

指名手配により、一刻も早く井川真一容疑者の逮捕と従業員の意識回復を願うとともに、犯行動機も早く明らかになってほしいですね。

最後までお読み頂き、ありがとうございます。是非、他の記事も読んでみてくださいね♪

スポンサーリンク