伊藤雅宮ちゃん原田優衣ちゃんの両親(母親・父親)の顔画像や現在の心境コメントは?記者会見はいつやる予定?

令和となり新しい時代を精一杯生きよう!そんな思いを持った方も多かったのではないでしょうか?

時代が変わってから間もない5月8日に滋賀県で悲惨な事故が起こったのです。

その悲惨な事故とは、

車2台による交通事故が原因で、保育士3人と園児13人が巻き込まれ、2歳の園児2人が死去してしまったという衝撃的な事故でした。

まだ2歳というあまりにも若すぎる命を奪われてしまったのは、

  • 伊藤雅宮ちゃん(いとうがく)
  • 原田優衣ちゃん(はらだゆい)

の2人です。

いったいなぜ、2人は命を奪われなくてはいけなかったのでしようか?そして事故の原因は何なのか?

今回の記事では、死去してしまった園児2人の両親(母親・父親)は今回の事故について、心境をコメントしているのか?あるいは記者会見という場を設けるのか?この辺りを調査していきたいと思います。

伊藤雅宮ちゃん原田優衣ちゃんの両親(母親・父親)の顔画像や現在の心境コメントは?記者会見はいつやる予定?

伊藤雅宮ちゃん原田優衣ちゃんの両親(母親・父親)の顔画像は?

ゴールデンウィークも終わり、いつも通りの日常に戻っていた5月8日。

事故の被害にあった園児たちは、滋賀県にあるレイモンド淡海保育園に通っており、お散歩をしている最中で、信号待ちをしてちる状況でした。

この保育園では、運動場が無いとの理由で、お散歩をするのは日課とのこと。

なので事故があった当日だけお散歩をしていたわけではなく、保育園のルーティーンだったと思われます。

地元の人であれば、園児たちがお散歩をすることも知ってたレベルの話でしょう。

そんな何ら変わらない日常で、事故に巻き込まれてしまい残念ながら死去してしまったのが、

  • 伊藤雅宮ちゃん
  • 原田優衣ちゃん

の2人。

他にも、

  • 保育士3人→軽傷
  • 園児1人→意識不明の重体
  • 園児10人→重軽傷

となっている状況。

事故の凄まじさが被害者の数と容体から伝わってきますね。

わずか2歳で死去してしまった園児の2人。本当に残念で仕方ありません。

他人がそう思うのですから、両親の悲しみや怒りの感情は図り知れないものがあります。

こんな状況で不謹慎かも知れませんが、伊藤雅宮ちゃんと原田優衣ちゃんの両親の顔が分かるような画像はあるのか気になったので、調べてみました。

しかし今のところ、そういった画像はないようですね。

伊藤雅宮ちゃん原田優衣ちゃんの両親(母親・父親)の現在の心境コメントは?記者会見はいつやる予定?

では現段階で、伊藤雅宮ちゃんと原田優衣ちゃんの両親(母親・父親)は、事件に対して何かコメントをしているのでしょうか?

5月9日時点では、まだ両親は心境をコメントしていないようでした。

まだ事故が起こったばかりですし、現実を受け止められない状況で、パニックになっていると思われますね。

今後、記者会見を行うかも定かではありませんが、同じく87歳が運転する車が暴走した池袋の事故で、妻と娘が死去した男性は、記者会見で無念な思いを伝えていましたので、今回死去してしまった園児の両親が、記者会見を行う可能性は有り得そうです。

もし記者会見が行われた場合は、顔や心境コメントもその時明らかになりますね。

☆追記

9日に滋賀県警を通じて、死去してしまった2人の園児の遺族が、現在の心境をコメントしました。

伊藤雅宮ちゃんの遺族は家族一同という形で、

報道機関の皆様へ

お願い

私たちは、この度の突然の事故で大切な家族を失い、深い悲しみを受けています。

このような私たちの心情をお察しいただき、自宅や葬儀会場での取材や写真撮影をご遠慮いただきますようお願い申し上げます。

令和元年5月9日

家族一同

とコメント。

原田優衣ちゃんの遺族は父親の学さんが、

報道関係各位

青葉の候、各位ますますご清栄のこととお慶(よろこ)び申し上げます。

さる2019年5月8日、滋賀県大津市にて残念な事故が起きました。

その中で、私共の娘、原田優衣が今回の不慮な事故に巻き込まれ、わずか2年10か月という短い人生に幕を閉じました。

レイモンド淡海保育園におかれましては、短い期間ではありましたが娘のかけがえのない笑顔を見守ってくれた事には感謝の意しかなく、今回の事にとらわれることなく今後も小さな命に寄り添い、共に歩み続けることを娘もきっと望んでいます。

私共家族としても、家族5人で苦楽を共にし、普通に過ごせると思っておりましたので、今回、娘優衣の突然の逝去に関しては驚きを隠せず、現実とは思えませんでした。

しかしながら、今自宅で話をせず、いつも明るく、いたずらっぽい笑顔も見せることもなく、ずっと寝ている娘を見ていると、徐々にではございますが、私共としても娘の死を受け入れざるを得ません。1日たつごとに家族としても胸が張り裂ける程の深い悲しみに包まれております。

現在優衣を含め、家族5人で最後の一家だんらんを過ごしております。報道関係各位におかれましても、自宅周辺、近隣葬儀場等における取材・撮影等はお断り致します。

私共としても安らかに娘を旅立たせようと思っております。優衣は2年10か月しか親より愛情を受けておらず、最後に私共夫婦、姉弟よりたっぷりと愛情を注ぐ式にしたいと思います。

報道関係各位におかれましても何とぞ私共の心情を察して頂き、御配慮の程よろしくお願い致します。

原田学

とコメント。

このコメントを見ているだけで、辛くなりますね…。

そして、何より原田優衣ちゃんの父親である学さんは辛い状況の中、これだけのコメントをしっかりと書けるなんて…凄いなって思いました…。

また、この遺族のコメントを見た世間の反応には、

村人の声村人の声

ご遺族の意思を尊重してあげて!失意の中、どんな気持ちでコメントを出されているか、容易に想像出来るでしょう?
あなた達がすべき報道の仕方はもっと別のものだと思います。
このような悲惨な事故がどうしたら一つでも減らせるか。まだまだ他にもあるはずです。

村人の声村人の声

本当にこの遺族の方々の心の傷を広げるような報道はやめて欲しい。

村人の声村人の声

報道陣の方は絶対に葬儀告別式の取材を自粛してください。
そっとしてあげてください。
お願いします。

といった意見が相次いでいます。本当に今はそっとしてあげてほしいですね…。

滋賀県大津市大萱事故の経緯

では改めて、滋賀県大津市大萱で起きた事故についての経緯をまとめたいと思います。

  • 事件発生日→5月8日午前10時15分
  • 事故現場→大津市大萱6丁目の丁字路の県道交差点
  • 加害者→新立文子(52歳)と下山真子(62歳)

加害者の2人は事故が発生した当時逮捕されましたが、下山真子さんについては8日の夜に釈放されています。

  • 被害者→保育士3人と園児13人

この内、伊藤雅宮ちゃんと原田優衣ちゃんは搬送先の病院で死去。

事故が発生した現場は、JR琵琶湖線瀬田駅の北西にある約1・5kmの湖岸道路の交差点でした。

この交差点は直進で見通しの良い場所でした。

地元の人も「なんでこんな場所で事故が起こるのか?」「今までこんな事故を見たことがない」と、事故が起こった事実に驚く声が相次いでいました。

逆を言えば、どんな場所でも事故が起こる可能性はゼロでは無いと言うことであり、常に危機感を持つ意識が大事になります。

では車を運転していた2人は、どのような形で衝突したのでしょうか?

  • 新立文子容疑者は右折
  • 下山真子さんは直進

これが当時の2人の走行方向です。

そして右折した新立文子容疑者が、直進してきた下山真子さんの車にぶつかり、ぶつけられた反動で、園児たちの列に突っ込んだというわけです。

ブレーキのあとは見られなかったとのこと。

通常、直進が優先なので、2人のどちらに非があるかは分かりますよね?

2人の供述を見ても明らかで、

新立文子容疑者は、

「前をよく見ていなかった」

下山真子さん、

「右折車をよけようとハンドルを左に切った」

と供述していました。

なので実際に園児に突っ込んだ下山真子さんが釈放されたのも、落ち度がないとみなされたのでしょう。

新立文子容疑者の「前をよく見ていなかった」という供述。

これ、何の言い訳なのでしょか?

車の運転で、しかも交差点を右折する時に、対向車の有無の確認をしていないって論外すぎじゃないですか?

2人は、それぞれ違う大型量販店からの帰宅途中だったそうですから、前を見ていなかった理由として考えられるのは、

  • 買い物で購入した商品や帰宅してからのことを考えてた
  • 園児たちが信号待ちしている姿に気を取られよそ見した

これらが考えられそうです。

レイモンド淡海保育園が記者会見

5月8日の夕方に、被害にあった園児たちが通うレイモンド淡海保育園が今回の事件に対して記者会見を開きました。

その様子がコチラ↓

この会見を見た人は以下のような違和感を感じているようでした。

しかし、ハッキリ言って事故が起きてしまったの保育士の責任ではありません。

あくまでも、園児たちは事故に巻き込まれた側ですから。責任があるのはやはり、前方の確認を怠った新立文子容疑者でしょう。

さらにこの会見を見ていた、タレントのつるの剛士さんは、以下のようなツイートをし反響を呼んでいます↓

また、ネット上では事故現場のグーグルマップ・ストリートビューについて話題となっており、ストリートビューの画像には、交差点で信号待ちをする保育士と園児の姿が写っていたのです。

この画像かいつ頃のものからはわかりませんが、保育士がきちんと園児の安全を守る姿が確認できる点からも、保育園側に何ら非はないと言えますね。

例えば突然地震が起こって、被害者が出たとしたら、これは誰のせいになるのでしょうか?

予期せぬ未来を読むのは不可能に近いのです。しかし、事故を起こした側から見れば、防ぐ術はあったはずですしね。

因みにストリートビューの画像がコレ↓

滋賀県大津市大萱事故に対し世間の反応は?

仲間の声仲間の声

遺族の方も含めて保護者の方々の、保育園側への責任追及はやめて欲しい。
幹線道路に面した保育園で、天気の良い日の散歩で信号待ちは当然の立地。琵琶湖湖畔は、子供達に楽しい場所だったに違いない。
今回の事故は防ぎようがないし、すぐに対策が立てられるのか疑問だ。引率可能な保護者や、ボランティアの方々の力を拝借し、散歩の早急な復活も検討してもらいたい。
全国の保育園でも、同様な悩みで散歩対策を見直さざるを得なくなった。

仲間の声仲間の声

保育園で調理師をしていました。
子供は雨などが続いて散歩が出来なくなると、ものすごくストレスがたまります。散歩は必要です。散歩をした日は、給食もすごく食べてくれます。
園に責任はないはずです。責めないでください。
悪いのはドライバーです。
子供たちのご冥福をお祈りします。
けがをした園児さんと保育士さんの回復をお祈りしています。

村人の声村人の声

会見を見たけれど、なんで園をせめるの??
記者達は何を言わせたいの??
なんで、園に責任があるわけ???
ほんと、酷い会見だったと思う。

村人の声村人の声

マスコミとしては子供が犠牲になる方が面白いのでしょう。無謀な運転行為が招いた結果であり、責められるべきは運転者の方で保育園側を断罪するのは間違いでしょう。歩道と車道が分離されていても、車が歩道に突っ込めば防ぐ手段などありません。「外に出るな」とか「引率者が盾になれ」とでも言いたいのでしょうか。

モンスターの声モンスターの声

記者会見そのものが必要だったのか。質問も的外れで、園側に非があるような質問だった。見ていたけど気分が悪くなってテレビを消した。
こういう事故が起こる毎にマスコミの愚かさが明らかになる。
園側や園児、引率の保育士には全く非難されるものはない。避難させるべきは加害者と安全な道路、歩道を作れなかった道路行政、そして問題の本質を報道する事なく興味本位で被害者を虐待するマスコミである。

モンスターの声モンスターの声

右折車が悪い可能性が高いけど、実際にひき殺した直進車の運転手が重罪で、仮に右折車が園児の列にはぶつかっていないならほぼ罪状無しになるんだよね、理不尽としか言いようがない。

ボスの声ボスの声

もらい事故という言葉は確かにあるが、どちらか一方でもまともな運転を心掛けていればここまでの大きな事故にはならない。ブレーキ痕もなかったと言うし、左に見えてたはずの歩行者への意識が甘かったのではないか。
ここ最近車の悲惨な事故が続いてるが、こういうニュースを他人事で片付けずに教訓とするのも大切なことだと思う。

ボスの声ボスの声

こんなに保育園吊し上げたら、待機園児は天井知らずに増えるだろうな!保護者はともかく、マスコミは、もう少し冷静になって事の本質を探るべきでしょう

個人的にはこの事件がキッカケで、お散歩が習慣化されている保育園がなくなるのかな?って気がしました。

まとめ

交通事故により尊い命が奪われるニュースが最近ホントに多くてマジで残念です。

こういった事故は、ある意味これからの車の運転に対しての注意を促してくれているとも言えるので、過去の交通事故のニュースを見て、「自分は絶対に事故を起こさないようにする」と、危機感を持たせてくれるはずです。

なのに、こういった事故があとをたちません。車を運転する人は再度、危機感を持って安全運転を心掛けてほしいですね。

悲しむのは残された遺族ですから…。

ご冥福をお祈りします。

最後までお読み頂き、ありがとうございます。是非、他の記事も読んでみてくださいね♪