岩崎隆一容疑者(犯人)の現在の顔画像はなぜない?両親が離婚で祖父母との生活が犯行動機に?

5月28日に突如として世間に大きな衝撃を与えてた事件。

事件が起きたのは、神奈川県川崎市多摩区登戸にある、バスの停留所。

この停留所で「カリタス小学校」に向かうバスを待っていた児童ら計19人が、次々と殺傷されるという2019年の中でも、大きな事件です。

事件を起こした犯人は、岩崎隆一という51歳の男性。

岩崎隆一容疑者は事件を起こしたあと、自身の首の辺りを刺し、搬送先の病院で死去しました。

なので、今回のこの事件は何が目的だったのか?その真意が本人の口から語られることはなくなっていまいました。

そんな中でネットでは以下のような疑問が出ています。

なぜ、岩崎隆一容疑者の画像が中学生の時のものなのか?要するに現在の画像がないのか?

さらに、祖父母に育てられたことが犯行動機に繋がったのか?

これらの疑問について調査してみたいと思います。

岩崎隆一容疑者の現在の顔画像はなぜない?両親が離婚で祖父母との生活が犯行動機に?

今回の事件については以下の記事も参考に↓

岩崎隆一容疑者の現在の顔画像はなぜない?

まず今回の凶悪な事件、仮に「カリタス小事件」としましょう。

カリタス小事件を起こした犯人の岩崎隆一容疑者がどんな顔をしているのか?多くの方が気になっていたと思います。

これだけ大きな事件ですので、ニュース等で顔が分かるような画像は掲載されるとは思っていました。

しかし、実際に掲載された岩崎隆一容疑者の顔画像は…。

中学生時代のものでした。

なんで?と疑問に思った方も、SNSのコメントなどで多くいました。

この画像が、中学時代なのか高校時代なのかは定かではありませんが、仮に中学時代のものであれば、高校には進学していない可能性がありますね。

単純に考えた場合、これ以降の画像が存在しないと思います。

これについては、

  • 画像を残すような環境じゃなかった(行事がなかった)
  • 写真を撮られることを嫌った

などが考えられます。

中学時代の画像となると、15歳くらいだと思われるので、36年くらい前の画像になるかと思います。

さすがに、36年も経っていると顔立ちも変わっているでしょうから、現在に近い画像が見たいところですね…。

岩崎隆一容疑者の両親が離婚で祖父母との生活が犯行動機に?

岩崎隆一容疑者は約40年前に祖父母に引き取られて、事件現場から4~5km離れた一軒家に住んでいました。

自宅はこんな感じ↓

今から40年前となると、岩崎隆一容疑者が10歳くらいの時になりますね。

学年で言うと4年生か5年生かと思われます。

引き取られた理由についての明確の報道はありませんでしたが、おそらく両親の離婚が原因か、両親に不幸があったのかと思われます。

近所に住む住民の証言では、怒鳴られた経験があるという意見があったり、同級生の証言では、おとなしい子で孤立していたという意見がありました。

祖父母から愛情を受けて育てられたかは分かりませんが、こういった生い立ちが、今回の犯行動機に少なからず影響しているのかと思われます。

芸能界のおいても、生い立ちが壮絶な方は結構います。しかし克服して活躍している方も大勢いるわけですから、生活環境が左右するのかもしれませんね。

生い立ちが壮絶な芸能人TOP25!衝撃度順にランキング形式で紹介

まとめ

2019年の中でも大きな事件となり、歴史的にも凶悪事件の1つとなった今回の川崎市での殺傷事件。

被害にあわれた方の回復を願うと共に、死去されてしまった方のご冥福をお祈りします。

最後までお読み頂き、ありがとうございます。是非、他の記事も読んでみてくださいね♪