茨城女子大生事件の菊池捺未が広瀬晃一に会った本当の理由が金目的と判明!再び目隠しされていれば生存の可能性もあった…

東京都葛飾区に住む女子大生が、2018年11月20日から行方がわからなくなり、2019年1月31日に遺体が発見する結果になってしまった茨城女子大生殺人事件。

逮捕された犯人の広瀬晃一容疑者の供述により、少しずつ詳しい犯行動機が明らかになってきました。

今回は茨城女子大生殺人事件の被害者となってしまった菊池捺未さんと、犯人の広瀬晃一容疑者が何を理由に会うことになったのか?

現時点で判明していることを調査していきたいと思います!

茨城女子大生殺人事件とは?

まず、この事件がどういった事件なのか?簡単に経緯を振り返っておきましょう。まず出会いのきっかけは、ネットの掲示板だと言われています。

以下の記事では、可能性の一つにオンラインゲームがあるとされているので、紹介しています。

女子大生の菊池捺未さんが行方不明になるまで

菊池捺未さんが音信不通になったのは、2018年11月20日のことでした。

普通に大学の授業を受け、その後は本来両親に会うために栃木県に行く予定でした。

それなのに、なぜか行方不明になったのは茨城県神栖市だったのです。

この茨城県神栖市で今回の事件の犯人である広瀬晃一容疑者と会うことになります。

流れとしては、大学が終わり足立区の綾瀬駅から電車を乗り継ぎ、JR鹿島線の鹿島神宮駅を訪れていることが分かっています。

このあとの移動はタクシーで、とあるコンビニに向かいます。さらに、広瀬晃一容疑者に支持されたのか?そこから別のコンビニに移動すると、そこで初めて菊池捺未さんと広瀬晃一容疑者は出会います。

ここで、なぜか菊池捺未さんに目隠しをさせた広瀬晃一容疑者。

そのあとは自身の車で400メートル離れた、自宅に招くことになります。

目隠しをした理由とは?

では、なぜ広瀬晃一容疑者は、菊池捺未さんに目隠しをさせて自宅まで移動したのかという疑問が出てきますよね?

普通に考えれば、自宅を悟られたくないからだと思います。

そうなると、自宅を悟られたくない理由は何?ってことになるんですが、たぶん広瀬晃一容疑者は菊池捺未さんとの関係を、その場限りの関係にしたかったのではないでしょうか?

要するに、一度しか会えない理由があったのだと思います。

菊池捺未さんが畑に置き去りにされる

自宅でことを済ませた広瀬晃一容疑者は、菊池捺未さんを今度は目隠しなしで、数キロ離れた畑に置き去りにされてしまいます。

この時の時間は午後7時ごろだとされています。

数キロ離れていることに加え、この時期の午後7時といえば辺りは真っ暗になります。

なので、自宅を特定されるわけがないと思い、目隠しさせなかったことが推測できます。

畑に置き去りにすることで、広瀬晃一容疑者は菊池捺未さんとの関係が終わったと勝手に思い込んだのでしょう。

菊池捺未さんが再び広瀬晃一容疑者の自宅を訪れる

畑に置き去りにされてしまった菊池捺未さんは、自力でもう一度広瀬晃一容疑者の自宅に向かいます。

この時、広瀬晃一容疑者の自宅の近所の人に、

記憶を頼りにしてきたことや、金銭を持っていないことを打ち明けていました。

そして、なんとかもう一度、広瀬晃一容疑者と落ち合うことになるのですが、また車に乗せられると、音信不通になってしまうのです。

この時、菊池捺未さんは広瀬晃一容疑者に殺されてしまい、先程と同じ畑に埋められてしまったと思われます。

1月31日に広瀬晃一容疑者は逮捕され、犯行動機についてはトラブルの末、菊池捺未さんに「SNSで拡散する」と言われたことだと供述しています。

さて、菊池捺未さんが行方不明になった経緯は現時点でこんな感じです。

では、ここで個人的に感じた2つの疑惑を調査していきましょう。

菊池捺未さんが広瀬晃一容疑者と会った本当の理由は金目的!?

まず、35歳のおっさんになぜ18歳の女子大生が会わなければいけないのかという疑問。

しかも、住まいは

菊池捺未さん(大学生)→東京都葛飾区

広瀬晃一容疑者(建築アルバイト)→茨城県神栖市

ですので、普通に生活していれば、二人で会う確率は極めて低いはずです。

そして、菊池捺未さんはなぜ、片道のお金しか持っていなかったのか?という不審な点もありますよね。

ここで疑惑が浮上しているのが、菊池捺未さんは広瀬晃一容疑者と会う代わりに金銭を要求していたのでは?ということ。

しかも、その額が衝撃的で30万とも言われています。

https://twitter.com/F8467059822222/status/1092756979666153473

なので、菊池捺未さんは広瀬晃一容疑者からお金を貰える頭でいた為、片道の交通費しか持っていなかったと思われます。

しかし、広瀬晃一容疑者はこのお金を払わずに畑に置き去りにした為、菊池捺未さんは抗議しとうと必死に広瀬晃一容疑者の自宅を突き止めたんだと思います。

広瀬晃一容疑者には、初めてから金銭を支払うことなど微塵も思っていなかったでしょうし、そもそも仮に30万払うと言っていたのであれば、真っ赤な嘘でそんな大金持ち合わせていなかったのでしょうね。

それを証拠に、広瀬晃一容疑者は以前にも同じ手口で女子高生にみだらな行為をして、逮捕されているという前科があります。

なので、このやり方で他にも被害にあっている10代の女性がいるかもしれません。

何ともゲスな犯人に胸糞悪くなりますね…。

そして、もう一つの可能性というのが…。

菊池捺未さんが広瀬晃一容疑者に再び目隠しをされていれば生存の可能性!

先程、経緯について振り返った時に、

コンビニから自宅→目隠しあり

自宅から畑→目隠しなし

となっていました。

自宅から畑までは数キロと遠く離れており、さらに周囲も暗かったから、目隠しさせなくても大丈夫と思ったのでしょう。

場所の記憶が、少しでも菊池捺未さんにあったことで、諦めすに広瀬晃一容疑者の自宅を探すことにしたんだと思います。

そうしなければ、帰るためのお金がありませんからね…(-_-;)

しかし、もし自宅から畑までの距離も目隠しさせていたとすれば、どうなっていたと思いますか?

きっと、菊池捺未さんは広瀬晃一容疑者の自宅の情報がほとんどない為、諦めがついていたかもしれません。

そうなっていれば、両親に助けを求めたかもしれませんし、110番に連絡もしくは交番を訪れていた可能性もあり、生存していたかもしれません。

しかし、そういった行動をとらず再び広瀬晃一容疑者の自宅を探すことになったのは、両親や警察には助けを求められない事情、即ち金銭のやりとりがあったことが裏付けられますね。あくまで可能性ですけど。

まとめ

今回の記事は、あくまでネットにある情報をもとに個人的に推測したものになります。

しかし、普通に考えて当時18歳の女子大生が35歳の広瀬晃一容疑者に、理由もなくわざわざ会うってあり得なくないですか?

同世代の女性なら分かるのではないでしょうか?超絶イケメンならともかく、会いませんよね…。

なので、少なからずお金目的と思われても仕方ない部分もあると思います。

まぁ悪いのは100%広瀬晃一容疑者なので、罪を償うことはもちろんですが、今回の事件を見た同世代の女性は、同じような事件に巻き込まれないように注意しましょう!

最後までお読み頂き、ありがとうございます。是非、他の記事も読んでみてくださいね♪