さいたま赤十字病院で胎児(赤ちゃん)がトイレに流された事故原因は?清掃員や被害女性と夫の顔画像+コメント!

さいたま赤十字病院で起こってはいけない事故が起きました。

過去に今回のような事故は聞いたことがありません…。それほど起こしてはいけに重大な事故なわけです。

ではその事故とは一体なんなのか?と言いますと、

死産した胎児が誤ってトイレに流されてしまうといった事故です。流したとされるのは、この病院に勤務する清掃員とのこと。

まず、

  • 胎児(あかちゃん)はなぜトイレで生まれたのか?

そして、

  • 胎児は(あかちゃん)はなぜトイレに流されてしまったのか?(清掃員はなせ誤って流してしまったのか)
  • 清掃員や被害女性と旦那(夫)の顔画像やコメントの有無

これらについて調査していたいと思います。

さいたま赤十字病院で胎児(赤ちゃん)がトイレに流された事故原因は?清掃員や被害女性と夫の顔画像+コメント!

さいたま赤十字病院で胎児(赤ちゃん)がトイレに流された事故はなぜ起きた?

実際にさいたま赤十字病院で死産した胎児が流れた被害女性は、3月18日に分娩のため、病院に入院していました。

その後3月19日午後3時10分ごろに死産が確認されるのですが、分娩する際に被害女性に尿意があった為、医師に許可をもらってトイレで用を足しました。

この時に胎児が産み落とされたことで、職員の指示に従い分娩室で待機していました。

この、トイレで産み落とされれから分娩室で待機している間、時間にしたら数分程度だと思われますが、この間に清掃員が誤ってトイレに胎児を流してしまったという事故です。

なぜ今回の事故は起こってしまったのか?推測していきましょう。

  • 被害女性が分娩の際に尿意があったとされているので、分娩前にトイレに行ってなかった
  • 被害女性がトイレに行く際に、職員が同行していない可能性(産み落とすことが想定できていない)
  • 胎児が産み落とされてから、職員に報告していると思われるのですが、その後すぐに職員がトイレに行かなかった
  • たまたま清掃の時間と重なり、胎児を流してしまうのですが、清掃員は胎児だと気づいていない

これらが今回の事故の原因かな?って思いました。

尿意に関してはその時は感じなくても、大事な事柄の前にトイレに行くのは必須ですし、職員がトイレに同行していなかった可能性が高いです。

結果、産み落とされた胎児のみがトイレに取り残される時間が発生してしまい、まさか胎児が便器で死産しているとは思わなかった清掃員が、誤って流してしまったと考えられますね。

要するに、清掃員は産み落とされて胎児が、胎児あることに気づいていないということになりますので、病院側は、すぐに対応ができなかったのであれば、立ち入り禁止など、誰の目にも分かるような対策が必要だったと思います。

普通に考えて、分娩をしようとしている被害女性がトイレに行くってあたりで、医師ならば産み落とす可能性も視野に入っていたと思いますし、それが把握できていたとすれば今回の事故は起きなかったのかな?って思いました。

現在も胎児は発見されていないとのことです。

さいたま赤十字病院の清掃員や被害女性と旦那(夫)の顔画像+コメントは?

では次に気になるのが、清掃員と被害女性と旦那さんの顔画像と現在の心境コメント。

顔画像については一般人ですので、当然ながら公開していません。

さらにコメントについても、清掃員や被害女性のコメントはありませんでしたが、現段階で確認できるのは、

病院側→「心よりおわび申し上げる」

病院医療安全管理課の担当者→「現段階でコメントできない」

被害女性の旦那さん→「空っぽの骨つぼに祈る日々。妻はトイレを流す音がトラウマになり、体調を崩している。絶対に同じことが起きてほしくない」

とコメントしていました。

気になるのは、被害女性の精神と体調面です。

病院医療安全管理課の担当者は、現段階ではコメントできないとのことなので、この先何らかのコメントを発表すると思います。

そして今回の事故を受けて病院側は、清掃員のマニュアルを改訂するなどの再発防止策を検討するとのことでした。

清掃員どうこうというより、今回の事故のようなケースが起きた場合、トイレに入らせない対策を考えた方が良いのでは?と思いました。

清掃員ではなく、他の医師や職員、さらに患者さんがトイレを使用しようとした場合も、同様の事態が発生する可能性がありますからね。

因みに、実際にさいたま赤十字病院に通院していた方の意見に以下のような意見がありました↓

以前子供が入院してしまった時にお世話になった病院です。
小児科の方でお世話になりました。入院のベッド数などはあまり多くなく、わりと広々とした印象です。また少しよくなった子供用に遊興室(本や遊具のある部屋)がありますので、退院直前にはお世話になりました。
入院するといちばん接するのが多いのが看護師さんになりますが、落ち込んでいた私を励ましてくれて大変力になりました。「ちゃんと夜は寝てね」「具合は大丈夫?」などいつも声をかけてくださいました。また診察の先生方もみんな優しくわかりやすい説明で、子供もすぐに慣れました。
建物はもうかなり年季が入っていますが設備はしっかりしており、いい病院だと思います。

この意見を見る限り、看護師への評判はとても良い病院であることが伺えますね。

さいたま赤十字病院で起きた胎児がトイレに流される事故に世間の反応は?

仲間の声仲間の声

あまりにも気の毒ですご夫婦も清掃員の方も

仲間の声仲間の声

これは痛ましい…。
でも清掃スタッフに落ち度は無いと思う
今回のケースはレア中のレアだと思うし
全て確認して流すのなんて清掃スタッフの精神的負担を考えればムリな事だし
今回の落ち度は どちらかと言うと患者の非常事態に取り乱した医療スタッフにあるとしか言えない 治療に即座に当たらないといけないとしても 応援を呼ぶなり現場保全の対応に落ち度があったと思う

村人の声村人の声

清掃員のマニュアルを改訂するなどの再発防止策を明らかにしたという。
超超超レアケースですよね
どのようにマニュアル化するつもりなのでしょうか
「清掃中、流し忘れの汚物を流す際にはしっかりとダブルチェックで確認して、胎児が含まれていないことを確実に確認してから流す」とでも改定するのでしょうか

村人の声村人の声

これはちょっと清掃員を責めたらあかんような気がする…

村人の声村人の声

便器内の胎児を引き上げるのは少なくとも清掃員ではなく医療スタッフの仕事でしょう。医療スタッフのオペレーションに問題がある事を清掃員に責任転嫁するのはおかしい。この記事のタイトルも不適切なので改めるべきだ。

モンスターの声モンスターの声

赤ちゃんを産み落とした後に普通すぐ使用禁止にしないか?
清掃員じゃなくたって他の患者さんが入ってしまう危険性もあっただろうに。
これは明らかに清掃員は悪くない。
まさかに赤ちゃんが産み落とされているなんて想像しないだろ。
でも親御さんの辛さはいかばかりか察するに余りある。かわいそう。

モンスターの声モンスターの声

そりゃあ流すと思う。
血液やら、何か判らない物が流されずにそのまま。
きれいにするのがお仕事ですもの。
職員の悲鳴が聞こえたなら、そこに居たのかな?
それとも、外した時にそうなったのか。
病院側も、想定していないと。

モンスターの声モンスターの声

分娩室に入ってからの排泄を許可した医師にも責任があるのでは?胎児も14週とのことで小さいですし、母体が感じた尿意は陣痛だった可能性も十分あると思います。私は分娩室に入ってからの排泄は感染症の心配などもあるのでと断られました。清掃員の方も気の毒です。病院側の管理体制に疑問を感じました。

ボスの声ボスの声

清掃員の方もトラウマになってしまうかもね。もし便器に何かあってもマジマジと確認なんてしたく無いしね。
仕方ないというには忍びないけど中々無い事だからこそ難しい。

やはり清掃員の気持ちを察するようなコメントが多くありました。清掃員だけを責めることはできない事故ですね。

病院に関する不祥事と言えばコチラも注目を集めました↓

まとめ

過去に例がない今回の、さいたま赤十字病院で起きた事故。

事故事態は病院側の配慮で防げたはずですので、この先同様の事故が決して起きないような対策を立てて、患者さんが安心して通える病院にしてほしいですね。

最後までお読み頂き、ありがとうございます。是非、他の記事も読んでみてくださいね♪