堺屋太一が多臓器不全で死去!原因はガンが発端で激ヤセの噂も!?結婚や嫁(妻)・子供の情報は?

作家の堺屋太一さんが83歳で死去されたという悲しいニュースが飛び込んできました。

死去が明らかになったのは2月10日のことで、死因は臓器不全によるものでした。

ここで気になるのが、堺屋太一さんは結婚されていたのか?

さらに結婚していたとすれば、嫁(妻)や子供の情報はあるのか?

ってことが気になるところですよね。

今回の記事では、堺屋太一さんの死因である、多臓器不全について、さらに結婚や嫁、子供の情報はあるのか?調査していきたいと思います!

堺屋太一さんか多臓器不全で死去!死因の多臓器不全ってどんな病気?

83歳で死去されてしまった堺屋太一さん。

作家として有名でしたが、一方で経済企画庁長官などを歴任していました。

そんな堺屋太一さんの命を奪った病気の多臓器不全とはどんな病気なのでしょうか?

多臓器不全について

多臓器不全とは、生命維持に不可欠な脳・心臓・肺・肝臓・腎臓などの臓器のうち、2臓器が正常に機能しなくなった状態です。多臓器不全の治療は、可能な場合もあります。

堺屋太一さんの場合、どこの臓器が機能しなくなったのかは、現場で明らかになっていません。

多臓器不全の原因

多臓器不全は、大きな手術・重症感染症・悪性腫瘍・低血圧・ショック・大量出血・心不全・外傷・低酸素などが原因で起こり得ます。

堺屋太一さんが過去に大きな病気をしていたかの情報も、現段階ではありませんが、噂ではガンで激ヤセしていたという話がありました。

ガンにより多臓器不全になるケースとしては、過去に日本相撲協会の北の湖理事長が、直腸がんにより多臓器不全で死去されたというニュースがありました。

日本相撲協会の北の湖理事長が、九州場所中の11月20日、急逝された。62歳の若さだった。心よりご冥福をお祈りする。

44歳の私にとって、子どものころに見た北の湖の強さは衝撃的であり、いまだに脳裏にやきついている。横綱白鵬の「猫だまし」に苦言を呈するなど、まだまだお元気にみえただけに、突然の死は衝撃であった

報道によれば、死因は直腸がんによる多臓器不全であった。

なので、堺屋太一さんのガンの噂が事実だとすれば、ガンが原因で多臓器不全になってしまった可能性は十分に考えられます。

堺屋太一さんは結婚してた?嫁(妻)や子供の情報は?

堺屋太一さんはこれまでに、様々な形でご活躍せれてきました。有名な言葉に「団塊の世代」がありすね。

団塊の世代(だんかいのせだい)とは、日本において、第一次ベビーブームが起きた時期に生まれた世代を指す。 焼け跡世代(あるいは戦中生まれ世代)の次の世代に当たり、第二次世界大戦直後の1947年(昭和22年)~1949年(昭和24年)に生まれて、文化的な面や思想的な面で共通している戦後世代のことである。

ということは、出会いの場も多くあったと思います。なので、結婚している確率が高いと言えますね。

調べてみると、日本芸術院会員で洋画家の池口史子さんと結婚されているようです。

しかし、子供の情報に関しては一切ありませんでした。

結婚しても子供がいない夫婦はいますので、何ら不思議な感じはしないですが…。

何が新たに情報があったら追記します。

堺屋太一さんの死去に世間の反応をリサーチ

まとめ

世間に大きな衝撃を与えた堺屋太一さんの死去。

影響力の大きな人だっただけに、反響がすごいですね。

心よりご冥福をお祈りします。

最後までお読み頂き、ありがとうございます。是非、他の記事も読んでみてくださいね♪