竹下通り暴走車の猛スピードの速さを推測!犯行動機や灯油所有の理由!

こんにちは!ティーヤです!

元日早々に怖いニュースが飛び込んでしまいましたね。

原宿の竹下通りにおいて、車が暴走し8人が次々に跳ねられるといった、まったく理解不能な事件が発生したのです。

竹下通りと言えば月間300万人が歩いていると言われており、平日は約8万人、土日は約15万人ぐらいの人が歩いていると言われている人気スポットですね。

そんな人気の通りで、しかも元日の午前0時頃ともなれば、かなりの人が歩いていることは想定できたはずです。

ここで気になるのは一体どのくらいのスピードで走行していたのか?さらには犯行動機、車内に灯油を積んでいたこと理由はなんだったのか?

今回の記事で色々と調査してみたいと思います。

スポンサーリンク

竹下通り暴走車の猛スピードの速さを推測!

まず、事件の詳細について改めて振り返っておきましょう。

1月1日午前0時すぎ、JR原宿駅前の竹下通りで、車が暴走し、男性8人がはねられ、このうち、10代の男性が意識不明の重体。

当時、竹下通りは通行止めとなっていて、男は車を乗り捨て逃げたが、まもなく身柄を確保された。

と言った事件となっています。

跳ねられてしまった男性8人は本当に可愛そうとしか言えませんが、現状でお亡くなりになった方がいなかっただけでも幸いだったのかなと思います。

もし仮に、これが自分の身に起こったとすれば・・・。

マジで意味分からないし、決して許されませんよね。

では一体どれくらいのスピードで暴走したのでしょうか?

明確なスピードというのは分かっていませんが、そのスピードの速さは猛スピードと言う言葉で表現されています。

猛スピードとは、制限速度の約2.5~3倍くらいで表現されるみたいです。

竹下通りは毎日午前11時から午後6時まで、車両進入禁止の歩行者天国となっていることから、それ以外の時間でも制限速度は速くないと思われます。人が多いですからね。

なので徐行のスピードと仮定した場合、時速10km~15km×3で、30km~45kmくらいのスピードで逆走したのではないかと考えられます。

時速30kmではねられた場合、打ちどころによってはお亡くなりになってしまうこともあります。

下手したら、これ以上のスピードで走行していた可能性も考えられます。

スポンサーリンク

犯行動機や灯油を所有の理由!

犯人は日下部和博という男性で、大阪からレンタカーで上京してきました。

わざわざ大阪から上京した目的は明治神宮に行く為だと思われ、当時は規制がかかっていた為、近くで待機していた模様。

その後、上記のような事件を起こしてしまうのです。

明治神宮と言えば、東京の中でも初詣のスポットとして絶大な人気を誇る場所です。

緑豊かな都内有数のパワースポットと言われる明治神宮。明治天皇と皇后の昭憲皇太后が祀られていることから、男女の縁を結び夫婦円満を助ける癒やしの効果があると評判です。初詣は、例年日本一の参拝者数を集める神社として知られています。大晦日から元日は終夜お参りができ、元日の午前1時からは新年初祈願祭を実施。災いを除き一年の幸福を祈る「除災招福祈願」が行われます。

大阪にもこれだけの初詣スポットがありますが、わざわざ明治神宮を訪れた理由とは何だったのでしょうか?

犯人の男性は警察に対し「わざとやった。」「テロをおこした。」という何の為だか分からない発言をしていることが分かりました。

さらに以下の動画のような意味不明な供述もしています。

https://www.youtube.com/watch?v=J99r5SOZUmk

大阪からこの事件を起こす為に上京してきた犯人。

明治神宮は、男女の縁を結び夫婦円満を助ける癒やしの効果があることで有名ですので、個人的な見解としては、もしかしたら恋人関係でトラブルがあり男女の恋愛に対して敏感になっていたのかと思いました。

灯油を所有していた理由は・・・単純に燃やしたい願望なのでしょうか?

よく恋人の思い出の写真なんかを燃やすような場面もドラマなんかで見ますしね。

まとめ

犯行動機はなんであれ、このような自分勝手な行為は決して許されません。

しかし実際には起こってしまっている。

自分がどれだけ注意していても、防ぎようがないですよね・・・。最悪の場合、外に出る恐怖さえ植え付けてしまう事件だと思います。

今回事件に巻き込まれてしまった被害者の方々の回復を心より祈ります。そして犯人の男性には、自身が起こした事件の重大さを心に刻むとともに罪を償ってほしいですね。

最後までお読み頂き、ありがとうございます。

是非、他の記事も読んでみてくださいね♪

スポンサーリンク