土屋りさ(仙台市・子供放置事件)顔画像!陽璃ちゃん死去の原因は彼氏の家に宿泊!?旦那(夫)はいない?

6月27日から30日に宮城県仙台市で、2歳の子供を放置して死去させたとして、25歳の女性が逮捕されるといった事件が発生し、子供を持つ家族を中心に衝撃を与えています。

この事件で逮捕された女性というのは、土屋りさという飲食店勤務(キャバクラ)の女性でした。

今回の記事では、土屋りさの顔画像はあるのか?さらに旦那(陽璃ちゃん父親・夫)はいない可能性が高いのではないか?この辺りを調査してみたいと思います。

土屋りさ(仙台市・子供放置事件)顔画像!陽璃ちゃん死去の原因は彼氏の家に宿泊!?旦那(夫)はいない?

土屋りさが子供を放置した事件の経緯

まずは7月1日当時の報道から事件の経緯を見ておきましょう↓

仙台市の自宅マンションに2歳の長女を数日間放置し、死亡させたとして25歳の母親が逮捕された事件で当時、部屋には長女が口にできるような食べ物や飲み物がなかったことがわかり、警察は日常的な育児放棄がなかったか調べています。

この事件は6月27日から6月30日まで、長女の陽璃ちゃん(2)を自宅に放置したまま外出し、死亡させたとして仙台市青葉区台原三丁目の飲食店従業員・土屋りさ容疑者(25)が保護責任者遺棄致死の疑いで逮捕されたものです。警察によりますと土屋容疑者は6月27日に家を出て、30日午前、部屋に戻ったところ裸で床の上に倒れている陽璃ちゃんを見つけ自ら救急車を呼びました。

その後の警察への取材で、土屋容疑者の自宅には陽璃ちゃんが口にできるような食べ物や飲み物はなかったことがわかりました。また、土屋容疑者は「家を空けた3日間は知り合いの男性の家に泊まったり仕事に行ったりしていた」などと供述しているということです。

国の調査によると、2歳の女の子の平均体重は12.1キロで生後2年11か月の陽璃ちゃんはこれより3.5キロ少ない8.6キロだったということです。取り調べに対し土屋容疑者は「育児に疲れ一人になりたかった」と容疑を認めていて、警察は日常的な育児放棄がなかったか調べを進めています。

まずこの報道で分かることは、

  • 土屋りさは3日間、子供を放置して知人の男性宅に宿泊していたこと
  • 陽璃ちゃんが口にできるような食べ物や飲み物がなかった点から金銭に困っていた可能性があること(別の報道では外出時にのり巻き1本を置いて行ったとのこと)

など。

次に疑問に思うことは、

  • 旦那(夫)はいないのか?
  • 知人の男性は彼氏なのか?

この辺りですね。

さらに土屋りさがどんな顔をしているのか?これも気になる人が多かと思いますので、順番に調査してみましょう。

2019年は下半期を迎えたわけですが、6月までの期間に様々な事件や事故が発生しましたね…(~O~;)

土屋りさ(仙台市・子供放置事件)顔画像!

まずは土屋りさがどんな顔をしているのか?顔が特定できるような画像または動画はあるのか?調べてみました。

現時点(7月2日午前)ではまだ、土屋りさの顔が分かるような画像などはないみたいです。

事件発覚からまだ時間が経っていないので、これから公開される可能性があります。

新たな情報が入り次第、追記します。

☆追記

新たなニュースでは、土屋りさが送検される様子が映されていました。

その時の画像がコチラになります↓

土屋りさ(仙台市・子供放置事件)顔画像!陽璃ちゃん死去の原因は彼氏の家に宿泊!?旦那(夫)はいない?

陽璃ちゃん死去の原因は彼氏の家に宿泊!旦那(夫)はいない?

まだ25歳ですから若い母親ですよね。23歳で陽璃ちゃんを出産したことになるので、母親としての責任を果たして欲しかったのですが…。

なぜ土屋りさは3日間もの期間、陽璃ちゃんを自宅のマンションに放置する必要があったのでしょうか?

知り合いの男性の自宅に宿泊していたそうですが、一緒に連れていけば良いだけの話だと思いますよね?

ここで推測できることは、

知人男性→彼氏

であり、彼氏には子供の存在を隠していた可能性が高いと思われます。

その理由として、仮に知人男性が陽璃ちゃんの存在を知っていたとすれば、自宅に帰るように言っていたと思います。

ですので彼氏と思われる知人男性は、土屋りさに子供がいることは知らなかったと思われます。

今回の報道を見て初めて、土屋りさに子供がいたこと、そしてその子供を死去させたことを知ったと考えられますね。

次に土屋りさに旦那(夫)すなわち、陽璃ちゃんの父親はいなかったのか?という疑問が出てきます。

これに関しては、報道で父親の存在が出てこない点から、旦那はいなかったと思われます。

  • 結婚してから離婚したのか?
  • 未婚のシングルマザーだったのか?

これについては、現時点では分かっていませんが、仙台のマンションでは陽璃ちゃんとの2人暮らしで生活していたのでしょうね。

人間は、

  • 食べず飲まずで3日程度
  • 食べず飲むで1ヶ月程度
  • 食べて飲まずで12日程度

生存できると言われています。

ですので、陽璃ちゃんが放置された際に、マンションに何かしらの食べ物か飲み物があれば、発見された時に生存していた可能性は高かったと思われます。

まだ25歳ですので、土屋りさも遊びたい時期であるのは分かります。そういったところから育児に疲れていたのかもしれませんね。

もし信頼できるパートナーがいたとすれば、今回のような事件は起きなかったでしょう。

土屋りさは土屋りさで、本人にしか分からない大変な思いをしていたのかもしれませんね…。

小さな女の子の事件と聞くと思い出されるのが、2014年に神戸市で起きた、女子誘拐及び殺害事件でしょうか…この事件も心苦しかったですね…↓

他にも2018年7月には大阪で当時4ヶ月の長女が虐待された事件もありましたね↓

仙台市の子供放置事件に関して世間の反応は?

仲間の声仲間の声

今子供と離れたい、虐待してしまうと悩んでる方がいたら、189や相談窓口に相談してほしいです。
この前の札幌のもだけど子供を放置したり虐待して殺して刑務所入るのなら
赤ちゃんポスト、児童相談所に相談したり養子縁組調べたり、自分のためでいいのでしてほしい。
殺したら全国に虐待した人間としてニュースで名前も顔も報道されるし、虐待した人間は刑務所でいじめられると聞きます。
いくら虐待の刑が短いことが多いからって数年間はずっと刑務所でいじめられるのですから、自分のためでいいので相談窓口に電話してほしいです。
その方が子供も苦しい思いしなくてすみます

仲間の声仲間の声

起きたらママが居なくて、どんなに不安だったのか…。女児の事を考えると胸がしめつけられるほど悲しいです。
日中は、太陽で明るいけど、夜は電気もつけられなかったら街灯がなければ暗い部屋で独りぼっち…。
オムツも交換できないから、重くなっていたのではないでしょうか。
仙台市台原は平地より高い地域だから夜はまだまだ肌寒いでしょうし。
2歳の子を3日も置き去りにするなんて…。
空腹と渇きに必死で耐えて、最後は力つきはてて亡くなってしまった事を思うと…。
本当に悲しいです。

村人の声村人の声

1人になりたかったのに男の家に…

村人の声村人の声

唯一あったのり巻きを食べたあと、お腹が空いて、のどが渇いて、でも食べ物が見つからなくて、苦しかったはず。オムツが汚れて服も汚れて、それが嫌で服を脱いじゃったのかも。でも着替えの服がなくて、裸のままだったのかも。
この3日間、この子がどんな思いで過ごして、どんなに悲しくて寂しくてつらくて、どれだけ温もりに飢えてたことか…。
考えるだけで涙が止まりません。
どうかこの子が天国でお腹いっぱい食べて、温かいお布団にくるまって、優しさに包まれて過ごせていますように。
そして同じようなことをしている人がいたら、人殺しになる前に児相に相談して!!
児相に相談してネグレクトって言われたとしても、その子の命をつなぐことができたなら、それだけでこんな親よりよっぽど立派!

村人の声村人の声

札幌の二歳の子の虐待死事件があったばかりなのに、又も同じ二歳の女の子のネグレクト虐待死事件、親になれない、なってはいけない親の身勝手さからの悲劇。生まれてきた子供の運命を思うと余りに不憫でやりきれない。たったひとりぼっちで裸で食べ物もなくどんな気持ちで亡くなっていったのか。本当に悲しい。

モンスターの声モンスターの声

他の記事で見ましたが、乳幼児健診も8、9ヶ月以後受けてなく、その際かかりつけ医に聞いて問題なしと市は判断したって書いてあったけど、行かない人ってけっこういるのかな、だとしたらそれをいちいち当たっていたら大変な業務になるんだろうか。
乳幼児健診連れて行かないって、虐待の一つの判断基準になると思うから、そこから探って小さな命が救えたらいいのに。

モンスターの声モンスターの声

子が産まれてから育児放棄の殺人。
子が産まれる前に意図としておろす殺人。
このような行為は、生命(いのち)、いわゆる魂(たましい)の成長を止める訳ですから宇宙(自然)の法則に反するマイナスエネルギーです。
とんでもない重いカルマを自分で背負った事になります。
己の行為が今生、来世で宇宙の法則として必ず己に返って来ます。
意図として、己(自殺)や他人(他殺)の魂の成長を止める事だけは絶対にやめましょう。

モンスターの声モンスターの声

最近の仙台はこのての事件多いね
まさかの仙台市は何もしてくれない感じなのかね

モンスターの声モンスターの声

同じく仙台市で2歳児の母親です。近くでこんな事件、胸が苦しい。確かに育児は疲れる。旦那や母親にほんの数十分預けてスーパーに買い物に行く1人の時間はちょっとしたリフレッシュです。でも、やっぱり半日預ければ、怪我してないか…とか気になってくる。3日も1人にするなんて考えられない。お腹空いていただろう…ママーと何回も呼んでいただろう…辛すぎる。

ボスの声ボスの声

遊びたい盛りの女に、一人で子育てなど無理だと思う。まだまだ子供同然の精神年齢だったのではないか。

当然ですが、土屋りさに対する批判や陽璃ちゃんへの同情などが多くありました。

仙台市では2019年1月にも、同じような事件が発生したばかりでした↓

また7月2日には福岡県で、母親と交際相手の男性が娘を虐待したとして逮捕される事件も起きてます。子供は親を選ぶことが出来ませんが、こういったニュースを見るたびに、親って何なのか?と考えさせられます↓

まとめ

親になることは子供が無事に成人するまでの期間、育てていく上での責任があります。

家族の形は違えど、親になったからには子育てをするのは当然の話ですので、それを怠ってはいけませんよね。

今回の事件では、もし土屋りさが1日でも早く帰宅していれば…もし、子供を誰かに見ててもらうことができていれば…など、悔やまれることが多い事件と感じました。

土屋りさには自身が犯した罪をしっかりと償ってほしいですね。

最後までお読み頂き、ありがとうございます。是非、他の記事も読んでみてくださいね♪