上原浩治の引退発表と上原亜衣の引退日の被りは狙い?イチロー引退=燃え尽き症候群が本当の理由?

巨人の上原浩治投手が現役引退することが明らかとなり注目を集めていますね。

現在44歳の上原浩治投手は、21年目のシーズン途中で現役引退を決断しました。

引退の理由としては、以下のツイートでお分かり頂けるかと思います↓

上原浩治投手のストレートの平均球速は140km/h強と言われており、スピン数は球界トップクラスと称されています。

この上原浩治投手の最大の武器とも言えるストレートが通じなくなってきた…

それが引退の2文字を決意させた理由だったのでしょう。

上原浩治投手の引退を残念に思う声がツイッター上に溢れかえっている中、ある女性の名前も同時に注目を集めているんです。

その女性というのが、セクシー女優として活躍し、2016年に引退している上原亜衣さんという女性。

上原浩治投手の引退とどんな関係があるのでしょうか?

実は、今回の上原浩治投手の引退発表と上原亜衣さんが引退した日が、偶然にも同じだったのです。

これに、ネット上が混乱したというわけですね。

今回の記事では、上原浩治投手の引退に上原亜衣さんと勘違いした人がどれくらいいるのか?さらにイチローさんの引退が決断に関係あるのか?この辺りを調査いてみたいと思います。

上原浩治の引退発表と上原亜衣の引退日の被りは狙い?イチロー引退=燃え尽き症候群が本当の理由?

上原浩治投手の引退発表と上原亜衣さんの引退日が丸被りな件

上原浩治投手の引退が明らかになったのは5月20日のことでした。

おそらく引退会見は、同日に行われるのではないか?と思われます。

そして同時に注目を集めているのが、セクシー女優として活躍していた上原亜衣さん。

上原浩治の引退発表と上原亜衣の引退日の被りは狙い?イチロー引退=燃え尽き症候群が理由?

上原亜衣さんが引退したのも、また5月20日だったのです。(2016年)

ツイッターで「上原引退」というワードがトレンドとなっていた為、「上原亜衣さんが引退するのか…」と勘違いした人が、続出したというわけですね。

でも、上原亜衣さんは2016年に引退していますから、それを存じている人なら別に上原さんの話題だと気づくと思いますけどね(~O~;)

では実際にツイッターでは、どんな意見があるのか?見てみましょう。

上原浩治投手の引退にツイッターの反応は?

https://twitter.com/musa_asuka/status/1130152210833166336

https://twitter.com/AORIIKA_Tigers/status/1130159031761289216

https://twitter.com/Pleiades_12_10/status/1130185425287442433

ご覧の通り、上原浩治投手の引退に便乗する形で、上原亜衣さんも注目されているのが分かりますね。

追記

5月20日の夕方に上原浩治投手が引退会見を行いました。

会見の様子は以下の動画でチェックしてみてくださいね↓

上原浩治投手の引退会見

イチローさんの現役引退が上原浩治投手の引退を早めた理由?

2019年3月21日にイチローさんが現役引退することが明らかになり、球界に衝撃を与えました。

当ブログでもイチローさんの引退について、取り上げました。

実はイチローさんの引退を、上原浩治投手は非常に残念がっていたのです。

その時のコメントは以下の通り↓

ただでさえ自分より年上の選手はほとんどいなくなっているし、イチローさんの引退はとても寂しいなぁ。初めての対戦は、ルーキーだった年のオールスター。

インコースの真っすぐに首を振ってフォークを投げたら、バックスクリーンにホームランを打たれた。あの時、自分にインコースの真っすぐを投げる勇気があったらどうなっていたか。

今でも後悔しています。

メジャーでは13打数2安打で、2本のヒットは二塁打と三塁打だった。先日、マリナーズと巨人の試合があったし、そこで最後の対戦をしたかった。

上記の初対決は恐らく、コチラの動画かと思います↓

イチローさんの引退から約2ヶ月後に、あとを追うかのように引退を発表しました。

これが何を意味するのか?

少なからず、上原浩治投手が引退を決断した背景に、イチローさんの引退が影響しているのではないか?と推測できますよね?

モイベーションの低下が、直球にも現れてしまったのかな?って気がしちぃますよね…。

イチローさん同様に、上原浩治投手も球界に大きな貢献をしたのは間違いないですし、引退後も違った形で、球界に携わるかもしれませんので、引退後の活動にも注目ですね。

まとめ

上原浩治投手の引退で、名字だけが一致している他の人が注目を浴びる…。

ネットの力を改めて実感する今日このごろでした。

野球好きの人やファンにとっては、現役引退というのは残念なことなのかもしれませんが、この日はいつか来ますからね…。

それが早いか遅いかの違いですので、残念だと思うのと同じくらい、お疲れ様を言ってあげましょう!

最後までお読み頂き、ありがとうございます。是非、他の記事も読んでみてくださいね♪