ヲワカ(wowaka)に結婚する予定の彼女はいた!?急性心不全(死因)により31歳で死去…

4月8日、音楽業界に悲しみと衝撃が走りました。

ロックバンド「ヒトリエ」のボーカルとギターを担当していたヲワカ(wowaka)さんが31歳という若さで死去されたとの報道が流れたのです。

死因とされているのは「急性心不全」とのこと。

あまりにも早すぎる死去に、ファンはもちろんのこと世間は悲しみに包まれました。

そしてヲワカさんの死去は、改めて病気の怖さを教えてくれました。

ヲワカさんは31歳だったわけですが、ここで気になるのは結婚はしていたのか?はたまた結婚予定の彼女はいたのか?が気になりますよね?

今回の記事では、ヲワカ(wowaka)さんに結婚予定の彼女はいたのか?死因となった急性心不全とはどんな病気なのか?この辺りを調査していきたいと思います。

ヲワカ(wowaka)さん31歳で死去…公式サイトが報告!

ヲワカさんの死去が明らかになったのは4月8日のことでした。

死去されたのは4月5日であることが分かっています。

詳細は公式サイトにて報告され、各メンバーもコメントしています。その内容は以下の通りです。

訃報

ヒトリエのボーカル・ギターのwowakaは、

4月5日に急性心不全のため、永眠致しました。

享年31歳でした。

謹んで皆様にお知らせ致します。

これまでwowaka、ヒトリエを応援してくださった方々に深く感謝申し上げます。

なお、葬儀につきましては、ご遺族の意向により近親者のみで執り行われました。

この訃報に伴いまして、現在発表しているヒトリエの全国ツアーは中止、

イベントへの出演はキャンセルとさせて頂くことをご了承下さい。

チケット代金の払い戻し等に関しては、後日インフォメーションさせて頂きます。

皆様方にご迷惑をおかけします事を、深くお詫び申し上げます。

突然の悲報に接し、メンバー・スタッフ一同、現実を受け止められない状況です。

バンドの今後の活動については現在未定ですが、

イガラシ、シノダ、ゆーまおの各メンバーは、これからも音楽活動を続けてまいります。

今後とも応援のほど、よろしくお願い致します。

2019年4月8日

ヒトリエ

イガラシ

シノダ

ゆーまお

スタッフ一同

今だってまだ、ステージでwowakaがギターを弾き始めるあの瞬間を待ってる。

客席にはみんなが居て、右手を振りかぶったリーダーがでかい音を出したら、人生で1番幸せな時間が始まる。

どれだけ虚勢を張ったって、正直まだ、何も手につきません。

腹は減らないし、うまく眠れもしません。

wowakaと出会ってからのことをしっかり思い返すことも出来ません。

涙は止まりません。

もう4人での演奏を見せられないこと、本当にごめんなさい。

それでもおれはこの世で唯一のwowakaが選んだベーシストだから、wowakaが好きだと言ってくれたベースを鳴らすことを絶対に止めません。

リーダーいつでも聞きにきてよ。

おれ明日もうまくなるよ。

イガラシ

リーダーごめん、ジャズマスもうちょい借りるね。

いつんなるかわかんないけどちゃんと返すから、あっちで待っててくんねえかな。

シノダ

wowaka、あまり俺たちの事を長く深く話すようなことなんて特にないんだけどさ、wowakaが曲を作って、俺たちが楽器を持って、曲が出来上がって、ライブで演奏して、音を鳴らしているあの時間は、本物だったな。あと、良い音が出るって最高だよな。

俺の伝わらない文章で不器用なことばかり言って困らせてごめん。

ありがとうね。俺これからも頑張るわ。

ゆーまお

この報告で分かることをまとめてみました。

  1. ヲワカさんは「ヒトリエ」のリーダーだったこと
  2. ヲワカさんが死去されはのは4月5日であったこと
  3. 2019年は全国ツアーを行う予定だったこと
  4. イガラシさん、シノダさん、ゆーまおさんは今後も音楽活動を続けるが、「ヒトリエ」の活動は未定であること

これから全国ツアーを開催しようとしていた辺りから考えて、本当に急に死去されたことが伺い知れます。

ヲワカ(wowaka)さんってどんな人?

次に、ヲワカさんってどういった人物だったのかをサクッと紹介したいと思います。

ヲワカさんは1987年11月4日に生まれました。

2009年4月からニコニコ動画にて初音ミクを使った音楽制作を開始。

その後、ボーカロイドを使用しての音楽プロディーサーとして活動(現実逃避P)。

【ボーカロイドとは】

VOCALOIDとは、 ヤマハが開発した音声合成技術、およびその応用製品の総称。本項で詳述する。 上記応用製品に設定されているキャラクター群のこと。 VOCALOIDとは、ヤマハが開発した音声合成技術、及びその応用製品の総称である。略称としてボカロという呼び方も用いられる。

ロックバンド「ヒトリエ」が結成されたのは2012年の時で、ライブにおいてはヲワカさんが作ったボーカロイドによるオリジナル曲も人気がありました。

ヲワカ(wowaka)に結婚する予定の彼女はいた!?急性心不全(死因)により31歳で死去…

ボーカロイドから人気を集めている点から、よく米津玄師さんと同じ経歴と言われることがあり、交流もあったそうです。

さらに、ヲワカさんは東大卒業のエリートでもあったのです。学部は理系で大学院まで通っていたそうですよ。

「ヒトリエ」の結成が2012年(今から7年前)なので、ヲワカさんが24歳くらいの時だと思われます。

と言うことは、東大を卒業後「ヒトリエ」を結成したと思われますね。

「ヒトリエ」は、現時点(2019年4月)で

  • シングル4枚
  • フルアルバム4枚

をリリースしています。

実際に、4枚目のシングル「ポラリス」で楽調を聴いてみましょう↓

ヲワカ(wowaka)さんに結婚予定の彼女はいた?

残念ながら、31歳というあまりにも早すぎる年齢で死去されてしまったヲワカさん。

生前に結婚する予定はあったのでしょうか?もしくはそういった関係の彼女はいたのでしょうか?

調べてみたところ、結婚の予定があったという噂や彼女の存在が確認できる情報はありませんでした。

でも、普通に考えてロックバンドのしかもボーカルだったら絶対に女性にモテますよね?

そういった視点で考えると彼女はいたのではないか?と思われます。

ネットでも、こういった意見がありました↓

このツイートからも、ヲワカさんの人柄の良さが非常によく伝わってくると思います。

ヲワカ(wowaka)さんの死因!急性心不全ってどんな病気?

では、ヲワカさんを死去に追いつめた死因である急性心不全とは、どんな病気なのでしょうか?簡単に紹介したいと思います。

【心不全とは】

心不全とは、心臓が悪いために、息切れやむくみが起こり、だんだん悪くなり、生命を縮める病気です。

症状としては

  • むくみ
  • 息切れ
  • だるさ
  • 疲れやすさ

が初期のころに現れるようです。

でも、正直これらの症状って日常的に起こりそうなことなので、この症状が出たからといって心不全を疑うのは至難だと思います。

なので、こういった症状が長期に渡って続いたら疑うべきかと思います。

ヲワカさんの場合は「急性」なので、本当に急に症状が出てしまったのでしょうね。

「世界仰天ニュース」では、過去に若い人の突然死を取り上げていましたね。

本当に他人事の話ではありません。誰にでも病気になってしまう可能性はありますから。

興味ある方は以下の記事をどうぞ↓

若い人の突然死 不整脈の恐怖

ヲワカ(wowaka)さんの死去に世間の反応は?

仲間の声仲間の声

一般的な知名度は高くないかもしれませんが、米津玄師など彼の影響を公言する方も多く、間違いなくVOCALOID技術で一時代を築いた人。作った曲はこれからも語り継がれるでしょう。どうか安らかに。
中止となったライブに行くはずでした。
あまりの事で、まだ信じられません。
とにかく楽曲が良くて、絶対に売れる、というか売れなきゃおかしいだろ!と思ってたバンドです。

仲間の声仲間の声

wowakaさんは東大卒で、親御さんはミュージシャンになるのを反対していたそうです。
彼は東大卒という経歴は隠してはいませんでしたが、それを「売り」にする事を慎重に避けてるように見えました。

仲間の声仲間の声

親御さんは無念だろうと思うけれど、
wowakaという唯一無二のミュージシャンとして、たくさんの人を幸せにした人でした。

モンスターの声モンスターの声

ヒトリエを知らない人に、ヒトリエの音楽が少しでも届いて欲しいと願ってます。
若い人が亡くなるニュースを聞くのはやるせない。
謹んでご冥福をお祈り致します。

モンスターの声モンスターの声

自分は40代ですが、ヒトリエだけはアルバムを購入していた1人でして…
何とも言えない中毒性がありそのサウンドが心地よく、夜のウォーキングや車の中では常に聴きこんでおりました。
これからますます成長していくヒトリエというバンドを楽しみにしていたので、トップニュースでwowakaさんの逝去を見た瞬間、絶句してしまいました。
これからもヒトリエの曲は聴き続けると思いますが、新しい曲が聴けなくなるなると思うと寂しさでいっぱいになります。
睡眠不足が続いたり、仕事に熱中するあまり体を予想以上に酷使してしまう人がいる。
若いからじゃなくて休むことは必要です。

モンスターの声モンスターの声

めっちゃ好きだったのに。米津玄師さんもたぶん大ショックだろうなぁ。仲良かったはず。っていうかボカロ知ってる人間でショック受けない人いないだろ、これ。何度かコンサート行こうと思ってながら行けなかった。ボカロ界のレジェンド。ハチさんは音楽の表現方法を一般にも受け入れられる方向に持って行った。wowakaはボカロを卒業してもある意味尖ってた。ヒトリエの音楽が一般受けはしないだろう。ただそこには彼の才能が溢れてた。
正直かなりショックです。

モンスターの声モンスターの声

この人が日頃どのような生活スタイルをとっていたのかは知りませんが、突然亡くなる方ってあまり休まない真面目な方が多いのでとても気になります。

モンスターの声モンスターの声

まだまだこれからじゃないですか、若すぎますよ…。
ボカロ大流行の一役を担ったのは間違いない
流行やタイミングが少し違えば同じボカロP出身の米津玄師のようにもっと名声を浴びていてもおかしくない才能だと思ったしこれからそうなれる可能性もあった あまりに惜しい
このバンドのファンでは無く詳しく知っている訳でも無いですが、才能があり人を楽しませる力のある人が若くして亡くなるというのは残念で仕方ありません。
まだまだ成し遂げたい事もあったでしょう。遺されたメンバーの方には、この方の分も人を楽しませて頂きたい。

ファンにはもちろんのこと、ヲワカさんの死去は世間に大きな悲しみを与えました。

そして、ヲワカ3月どれだけカリスマ的存在感だったかもよく分かりますね。

※音楽業界に関する報道には、こんな衝撃的な話題もありました↓

まとめ

ボーカロイド界のカリスマ的存在だったヲワカさん。

31歳というあまりのも早すぎる死去に、病気の怖さを改めて実感しました。

心よりご冥福をお祈りします。

最後までお読み頂き、ありがとうございます。是非、他の記事も読んでみてくださいね♪